定点観測
2022/06

シースルーアイテムによるレイヤードスタイルが台頭!

薄手のシャツやシフォン素材、レースやニットなど、シースルーアイテムの多様化が進行。

2022
06

第495回定点観測
実施日:2022/06/04(土)
天候:晴一時薄曇、最高気温:25.6℃、最低気温:15.8℃

カウントデータ

渋谷・原宿・新宿の3地点合計(13:30~14:30の1時間)
10000
7500
5000
2500
集計数 : (人)
  • 男性通行人
  • 女性通行人
  • うちスカート着用
年間推移を表示
男性通行人
女性通行人
うちスカート着用
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
実施日
■カウントアイテムの定義
・全体=シースルーアイテム
ニットやレース、メッシュ、その他薄手の生地で、肌や下に着ているものが透けて見えるトップスやボトムス、アウター類などすべて。
・うち、シースルーボトムス
スカート、パンツ、ワンピースなど。前を全開にした羽織りものは除く。

2022/06
渋谷

カウントデータ

女性通行人 45.4%(1,075人) うち、スカート着用 43.9%(472人)
男性通行人 54.6%(1,291人)

女性シースルーアイテム 16.5%(177人) うち、シースルーボトムス 8.7%(94人)

2022/06
原宿

カウントデータ

女性通行人 57.7%(1,885人) うち、スカート着用 46.8%(883人)
男性通行人 42.3%(1,382人)

女性シースルーアイテム 11.4%(214人) うち、シースルーボトムス 3.7%(70人)

2022/06
新宿

カウントデータ

女性通行人 50.2%(1,370人) うち、スカート着用 41.8%(573人)
男性通行人 49.8%(1,360人)

女性シースルーアイテム 8.9%(122人) うち、シースルーボトムス 3.3%(45人)
構成・分析・インタビュー・撮影:高野公三子、船津佳子、中矢あゆみ、大西智裕、堀坂有紀(以上編集室)/浅野芽衣、伊藤晴香、稲葉皓大、河岸冴映、齋藤聖弥、佐藤美和、鈴木里菜、高橋叡実、谷嵜瑠衣、長島佑仁、長谷部千佳、藤田愛海、真壁智造、松井寛太、松橋歌瑠、村上千佳 /撮影:阿部智将、広安省吾、大崎あゆみ
2022_0509~ ストリートファッション1980-2020 定点観測40年の記録 アマゾンで購入 楽天ブックスで購入
YOOX.COM(ユークス)