■都市のコード論:NYC編  vol.05 
レポート
2016.09.23
ファッション|FASHION

■都市のコード論:NYC編 vol.05 
"NYFW(New York Fashion Week/ニューヨーク・ファッションウィーク)"の進化をどうみるか?

在NYC10年以上のビジネスコンサルタント、Yoshiさんによるまち・ひと・ものとビジネスの考察を「都市のコード論:NYC編」と題し、不定期連載しています。

上の写真はブライアント・パークのテント(BryantParkTent)でのショー(2009)。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
 ニューヨークの秋はファッション・ウィークとともにやってくる。

この秋のニューヨーク・ファッション・ウィーク (NYFW) 、いろいろな意味で転機を迎えていることでも注目された。

既に少しだけ報道されているように、アメリカ・ファッション協議会 (CFDA) NYFWのあり方についてボストン・コンサルティングに委託したレポートの結果が2016年3月に公表されたためだ。

ファッション関係者へのインタビューをもとにしたそのレポートによると、従来のモデルが機能していないこと、それを変える必要性については誰もが同意したという。

レポートはいくつかの問題点について概ね次のように指摘している。

インスタグラムなどでショーの様子は消費者もほぼリアルタイムで見ることができるようになったのに買えるのはその6ヶ月後。その間に消費者は飽きてしまい、ファストファッションにコピーする時間を与えている。 

消費者はいまの気候に合うものを買うようになっているが、従来のモデルでは暖かい頃にコートを売り始める。冬本番にはディスカウントされて、小売側も売上をディスカウントに依存する不毛なサイクルに陥っている。

オフシーズンのコレクションによってデザイナーは年中フル稼動を求められ、「クリエイティヴ・ディレクター」とは縁遠いマシンになり果てて消耗している。
 
9月8日(木)〜15日(木)、今秋も2017SSのFWが開催された。個々のメゾンが発表するクリエーションは多くの他誌(ウェブマガジン)に委ねるとして、ここでは、ちょっと違う視点、会場の“ロケーション”を中心に、考察してみることにした。
 
今秋のNYFWはこのレポートにどう反応したのか。ショーの会場をみるかぎり、変化はすでに現れているようだ。

まずは冒頭のマップをご覧いただきたい。これは、
今回ショーが行われた場所をプロットし、まとめたもので、円の大きさはその場所で行われたショーの数を示している。マウス等でドラッグすると、ブランド名が表示され、また拡大や縮小、位置を移動することも可能だ。

会場はショーのゲストのみに通知されることもあるため、マップは必ずしもすべてのショーを網羅してはいない。とはいえこのNYFWにはあきらかな変化がある。

それは会場の数が大幅に増えていることだ。ひとつのブランドだけが利用する会場が増え、より多くのブランドが独自の会場を選ぶようになっていることがわかる。

近年はチェルシー周辺の会場が多かった。ファッションのビジネスが衣類の製造業を中心に形成されたガーメント地区からチェルシーにかけて多いことと無関係ではないだろう。 

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS

20152月のショーの会場をみるとその傾向がわかる。

上のマップは、
20152のショーをプロットしたものである。20152月はブライアント・パークからリンカーン・センターまで続いた「テント」の時代が幕を閉じたNYFW。多くのショーがリンカーン・センターのテントを利用した。


この秋は伝統的にNYFWと無縁だった地区にもショーが拡がっている。正式会場とされる数ヵ所への集中はいくらかみられるものの、マンハッタンを超えてショーが分散し、中心がより曖昧になっている。

このNYFWでは多くのブランドが大規模な会場を避けて、静かで親密な環境を選んだ。ごく少数の人だけを招待した、よりエクスクルーシヴなショーを行ったブランドもある。

 
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
2016年2月に開催されたNYFW、モイニハン駅の会場
「ショーで見てすぐ買える」という、ショーの直後から店舗やオンラインでコレクションの販売を始めたブランドもさらに増えていた。

前回
LA(ロサンゼルス)の世界最大級の旗艦店にて、「brick-and-mortar(ブリック&モルタル)」として、タッチスクリーンや試着室などでハイテクを取り込んだRebecca Minkoff(レベッカ・ミンコフは、今回、ソーホーにある自身のショップ前の路上でショーを行った。NYFWの破綻を宣言し、「See-now-buy-now(ショーで見てすぐ買える)」ということにも早くから取り組んできた彼女は従来のショーに満足できず、実際に着るところに似た場所を会場に選んだという。

Ralph Lauren(ラルフ・ローレン )はアッパー・イースト・サイドの旗艦店前、Rachel Comey(レイチェル・コーミー)ソーホーのホテル前など、屋外の歩道(ストリート)でショーを行った。

Tom Ford(トム・フォード)は歴史に跡を残すかのように、近く移転が予定されているフォー・シーズンズ・レストランでショーを行った。消えゆく場所には独自の魅力がある、ということだろう。


ルーズベルト島やブルックリンなど、マンハッタン以外でのショーはいまや定番だ。ショーを初めてマンハッタンの外にひっぱり出したのはAlexander Wang(アレキサンダー・ワン)だった。

20142月にブルックリンの旧海軍施設内で行われた彼のショーの招待状にUberの割引コードが同封されていたことは記憶に新しい。今回はスポーツブランドのアディダスとのコラボレーションラインが登場。ショーの後に会場ですぐに購入できるようになっていたという。 


Tommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー)16番桟橋に観覧車をもちこみ「トミー桟橋」なる遊園地を準備して、2千人 (半分は消費者向け) をショーに招待した。会場は翌日一般に開放された。


Misha Nonoo(ミーシャ・ノヌー)にいたってはスナップチャットでコレクションを公開し、ショーは行っていない。ショーの分散傾向はロケーションだけではないらしい。
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
2011年、リンカーンセンターのテントでのショーのようす

2015年に発表されたニューヨーク市経済開発公社の報告によると、ニューヨークのFWには世界中から毎年23万人が訪れているという。NYFWにやってくる人たちは、市内に約532百万ドルを落とし、1年あたりの経済効果は900百万ドル近くになるそうだ。まさに、NYFWはニューヨーク・シティ・マラソンを上回る一大イベントなのである。

そもそも
NYFWの前身、発端は1943年にまで遡る。
第二次世界対戦中にパリに行くことができなくなった編者者たちがローカルのデザイナーを集めた「プレス・ウィーク」を始めたのがきっかけだ。

その結果、ファッション誌は米国のデザイナーを真剣に受けとめるようになったという。プラザ・ホテルで始まったプレス・ウィークは個人のアパートなどさまざまな場所で続いた。


しかし1990年にMichael Kors(マイケル・コース)のショーで天井が抜ける事故が起きたことで、秩序をもたらすためにショーをひとつの場所に集めることを考え始めた。


そして1993年にブライアント・パークであらためて「ニューヨーク・ファッション・ウィーク(NYFW)」として再スタートし、拡大に伴って20109月にはリンカーン・センターへと場所を移した。


NYFWがブライアント・パークで始まったときには、すべてのデザイナーがひとつの場所に集まることに意義があった。テントはそのアイコンだったのである。


それから20年が過ぎ、NYFWは機能不全に陥っているといっても過言ではない。ショーのあり方や場所、時期など含めて、ひとつのフォーマットがすべてのブランドに等しくあてはまる時代は終わった。ボストン・コンサルティングのレポートはそれを正式に認めたというところだろう。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS

従来のやり方が機能していないことがわかっているなら、その同じやり方を続ける理由はどこにもない。ニューヨークは新しい試みには積極的にチャレンジすることで知られる街の代表だ。


CFDAは今後のNYFWの可能性としていくつかのモデルを示唆しているものの、まだ、特定の指針を示してはいない。誰かが処方箋を書いてそれに従わせるのではなく、ソリューションはそれぞれのブランドが模索すべきものだ。そのアプローチもニューヨークらしくはあるだろう。

新しい試みには懸念がつきまとう。消費者を意識するあまりコマーシャルになりすぎはしないか。ファッションの主役はデザイナーなのか、小売なのか。


「着られるもの」だけを求めて人はショーに足を運ぶわけではない。クリエイティヴィティを目撃して驚かされたいがためにショーに期待して足を運ぶ人も少なくない。
そうした問いに答えるNYFWのふさわしいあり方は、それぞれのブランドが一番よく理解しているはずだ。

暫定的とはいえこの秋のショーには、すでに各ブランドのファッションに対する考え方をみてとることができるだろう。


CFDA議長でもあるDiane von Furstenburg(ダイアンフォン・ファステンバーグ)によると、「NYFWには“レヴォリューション (革命) ”ではなく“エヴォリューション (進化)”が求められている」と話す。

NYFWの後はロンドンファッションウィーク、ミラノファッションウィーク、そしてパリファッションウィークときて、最後が東京とソウルとなる。ロンドンやミラノ、パリなどの“進化”については、在住欧州のコントリビューテッド・ライターらにレポートを委ねたい。

(取材/マップ作成:yoshi)


Follow the accident. Fear set plan. (写真をクリックしてください)

SEA-NYP
[]

SEA-NYP

8月最後の週末にシアトルからニューヨークまで列車で横断することにした。そう言うと、なぜそんなことをするのかとたずねる困った人が時々いるが、もちろん理由などない。そうしたかった、それだけだ。強いて言えば、特に夏らしいことをしていなかったからとでも言えるかもしれないけれど、それなら列車で横断するのは夏らしいことなのかとたずねられるかもしれないので、やはり理由や目的といった、もっともらしく聞こえるくだらないことを云々するのはやめて、さっさと駅に向かおう。 この国を横断して走る長距離列車アムトラックのシアトルの駅はダウンタウンにある。空港と違って、列車の駅は各都市の中心地にあって便利なのだ。 シアトル駅 (SEA) を午後4時55分に出発する「エンパイア・ビルダー号」は出発から2日後の午後4時前にシカゴに到着する予定で、そのシカゴでさらにニューヨーク行きの列車に乗り換えて、そこから21時間後にニューヨークのペン駅 (NYP) に到着するのが全体の旅程になる。3日間かけて西海岸から東海岸へと移動するわけだが、なにしろ遅延の多いアムトラックのことだから、予定通りに走ればという大きな条件がつくことになる。 オンラインで予約したチケットを駅の案内所で受け取ろうとすると、名前 (ラストネーム) をたずねられただけで、IDの提示を求められることはなかった。 滞在に必要な正式な書類をもたずにこの国で暮らす移民は数多くいるが、彼らが長距離を移動するときにはアムトラックを利用することが多い。フライトではパスポートなどの提示を求められることからリスクが伴う。アムトラックがチケットの受け取りにIDの提示を求めないのは、そうした事情の上にある不文律なのかとも思えてくる。 シアトルを夕刻に出発し、海辺に沿って走る車内に注ぐ陽の光は勢いを失った夏の色をしていた。 シアトルを出たときには半分ほどしか埋まっていなかった席も、シアトル近郊の町で少しずつ乗客を集めながら走ることで徐々に埋まってゆき、しばらく空いていた隣の席にも女性が座った。モンタナで一人で暮らす年老いた母親を定期的に訪れているのだという。旅は道連れというけれど、この隣に座った女性はモンタナのグラスゴーで降りるまでの向こう24時間の道連れということになる。 今回の列車の旅で残念だったことは、食堂車が寝台客の利用のみに制限されていたことだった。長距離列車の最大の楽しみといえば食堂車なのに、その楽しみは出発後間もなく潰えてしまった。車中のアナウンスによると、アムトラックでもやはり人手不足が続いているようで、多くの乗客を食堂車に受け入れるにはスタッフの数が足りないということらしい。 隣に座った道連れは、食堂車が利用できないことを事前に聞きつけていて、多くの食べ物をもちこんでいた。なかなか準備がいい。こちらは食べ物をもちこもうにもシアトルの駅には売店が一切なく、さらに周辺にも食料品店はないときていて、そんな飢えた者を憐んでのことか、食堂車で一般乗客にテイクアウトで販売する「ラスト・コール」でホットドッグを確保した。このラスト・コールを逃すと、翌日の午前6時半まで飲み物も食べ物も何も手に入れることができない。 シアトルを出て8時間後の午前1時頃にワシントン州東部のスポケーンに到着。ところがここで3時間列車は動かないという。乗客の多くは寝ていて、列車がずっと止まっていることにも気づいていないらしい。 しばらくすると、プラットフォームに出ていた道連れが席に戻ってきて、車掌と話しをしたところ、このスポケーンで連結することになっているオレゴン州ポートランドからの列車が3時間遅れていて、そのためここで3時間待つのだという。すぐ誰にでも話しかけるお喋りな人はどこにでもいるものだけれど、この道連れは耳よりな情報を嗅ぎ分けてもち帰ってくる。 アムトラックは第三者が所有する様々な線路を利用して運行していて、その線路利用には種々のルールがあると聞いたことがある。線路によってはアムトラックのような旅客列車よりも貨物列車を優先するところも多い。ポートランドを出た列車はワシントン州の南部のルートを走ってあちこちで乗客を拾いながらこのスポケーンで合流することになっているものの、その途中で長時間停車した貨物列車に遭遇し、アムトラックも動くことができなかったそうだ。こうした場合、貨物列車が動くのを待つ以外にアムトラックにできることはない。 スポケーンで停車中の3時間は、乗客は好きに車外に出ることができる。陰鬱な天候で知られるシアトルがシアトルらしくない暑さだったのとはうってかわって、内陸のスポケーンの真夜中過ぎはずっと涼しく、季節がふたつ先に進んだようだった。 煙草を吸うために定期的に席を立ち、プラットフォームをぶらぶらしていた道連れが戻ってくると、駅を出たところにバーがたくさんあるから飲んできたらどうかと車掌が言っているという。 電車が立ち往生したことで、降りるはずのなかった見ず知らずの町で午前3時にバーにくり出してみるとは魅力的な案だ。もう少し早く教えてくれたら駅を出て徘徊したのに。世の中の多くの人が眠っているこの時間に、知らない町で知らない人と人知れず話しをすることにはどこかひそやかな楽しさがある。3時間の遅延もそう悪くはない。 ポートランドから到着した列車と連結し、ようやくスポケーンを出るとすぐにモンタナ州になり、しばらく走ると夜明けが訪れた。 モンタナ州に入るとドラマティックな景観が次々と展開される。 列車が停車する駅のなかには10-15分停車するところもあり、その場合には乗客も外に出て、新鮮な空気の小休憩をとることができる。プラットフォームにいる乗務員が”All aboard!”と叫ぶのが出発の合図で、それを聞くと乗客はぞろぞろと車内に戻ることになる。外に出て休憩できる駅に着く前にはその旨車内でアナウンスがあるが、外に出てもいいが遠くに行くと置いていくぞと警告があるのもお決まりなのだ。 近代は列車とともに始まると書いた歴史家がいたが、このいかにも大袈裟で巨大な機械仕掛は現代には属していないように思えてくる。その歴史家は列車に関する本を書くと言いながら実現することなく亡くなってしまったが、21世紀にどのように列車を記すつもりだったのだろう。 モンタナ州で育った道連れは、シアトルとモンタナの往復を何度もしていて、この路線のことをよく知っている。エンパイア・ビルダー号のいいところのひとつは壮大なグレイシャー国立公園を走り抜けるところだが、眼下に川を臨みながら走る名勝は20分ほどしか続かない。もうすぐそこに通りかかるから、今のうちに展望車に行って、進行方向に対して左側の席を確保した方がいいと教えてくれた。 モンタナは巨大な州だ。ずいぶん前にやはり東海岸と西海岸をアムトラックで横断したときに、6時間走ってもモンタナの景色が変わらず閉口したと道連れに告げると、6時間ではなく12時間だろうと言って笑い、モンタナは巨大すぎると誰に対するものなのかわからない不満を漏らした。 24時間の道中で、道連れとはいろいろなことを話すことになった。最も長く話したのは大学のことかもしれない。 道連れの子供は二人ともいまワシントン州立大学 (UW) に通っていて、卒業後に何をするのかわからないまま高騰を続ける授業料を払って大学にやる、どの親にも共通するちょっとした不安をやはり抱えているようだった。 米国の州立大学では、その州内に住む人は授業料が安くなる。その裏返しというわけか、州立大学のなかには、正規の授業料を払う外国人や州外からの学生に授業料収入を依存するところも少なくない。そうした事情が関係しているのかどうかはわからないが、UWの学生の出身国は実に様々だと道連れは強調しながらも、中国出身の学生のネットワークはあまり目にしないとつけ加えた。 中国人にはカナダのヴァンクーヴァーを好む人が多く、そこに不動産を買って、子供の教育を受けさせる家族も多い。そのことを言うと、「そうかもしれないけれど」としながら、ヴァンクーヴァーにはUWのような一流校がないというのが道連れの返答だった。 シアトルの人がカナダのヴァンクーヴァーに言及するときには「ヴァンクーヴァー、BC」という言い方をする。BCはブリティッシュ・コロンビア。ヴァンクーヴァーという地名はオレゴン州との州境に近いワシントン州にもあり、ワシントン州のヴァンクーヴァーと余所の国のヴァンクーヴァーを区別するためだ。おかげでこちらも、道連れがモンタナで降りるまでは「ヴァンクーヴァー、BC」とアメリカ北西部語を使い続けた。 道連れがわざわざ外国人学生のことを話題にしたりするのは、隣に座った外国人に対する配慮なのかもしれないが、ひょっとしたら道連れが聞きたかったのは、なぜ彼女の道連れの外国人がこの国で暮らすことになったのかということだったのかもしれない。はるか遠くの国からわざわざこの国の学校にやってきたのには理由があるはずだし、道連れの子供が通う学校に多い外国人学生のことを理解する一助になるのかもしれない。 それでも直接そう聞くことをしなかったのは、その質問が外国人風情の人に「どこから来たのですか」とたずねることと同じくらい失礼なことだと思ったのかもしれない。 「どこから来たのですか」。他意のないその質問は、「あなたは他所からやってきた人で、この国に属していない」ということを知らしめることにもなり、私たちの国と他所からやって来たあなたの間に優しい言葉で濃い線を引き、深い溝を刻む。 いわゆるリベラルな人たちの間ではそれは常識らしく、シアトルに住み、自分が育ったモンタナの保守的なところにしばしば批判的な道連れも、その一人であるのは間違いない。 ニューヨークでは「どこから来たのですか」とたずねることは失礼ではないと誰かが言うのを聞いたことがある。この街に住む人は大方どこか別のところから来ているわけだから、誰もが余所者なのだ。余所者ばかりの街で「どこから来たのですか」とたずねるのは、人と初めて会ったときに最初に出てくる当たり前のきっかけであり、少しも失礼なことではないというのがその言い分だった。 反対の見方もある。ニューヨークに住む人の大半は余所からやってきた人たちであり、この国に暮らすことになったいきさつなど、石を投げたらあちこちで当たりすぎて話など聞いていられない。なぜこの国にやってきたのか、そんなことはどうでもいい。それよりも今あなたは何をしているのか、そのことが大事なのだ。仮に生まれた国を必然とするなら、必然ではない場所に住む、自分と必然性のないところに暮らす楽しみだってある。 長距離列車の車内は、断続的に立ち上がるコミュニティ群とでもいうべきところがある。必然性のない隣に座り合わせた人と、どこへ行くのか、そこで何をするのかから話しを始め、高速で共通項を検索する。 展望車の隣の席から聞こえてくる話の断片によると、この展望車で隣合わせになったボストンからやってきた事業家の夫婦とミシガンの事業家夫婦の間には、話を始めて15分のうちにいくつもの共通点があることがわかり、それ以来その二組の夫婦は双子のようにずっと車内で行動を共にしていた。これは似た者同士の必然なのかもしれない。 それを言えば、シアトル近郊に住む道連れにとって不幸だったことは、隣に座った外国人との間に共通項がありそうにないことだった。私は日本にもニューヨークにも行ったこともないし、最も東に行ったのはシカゴまでだと話していたのはそのためなのだろう。 道連れにとって多少幸運だったのは、もう10年以上も前になるけれど、毎月のように頻繁に訪れていたことで、彼女の道連れがシアトルを多少知っていることだった。実際久しぶりに訪れたシアトルでは多くのことが変わっていた。 SeaTac空港が大々的に改修されていたこと、空港からダウンタウンまで3ドルでライト・レールが直結していたこと、ウォーターフロントを走っていた高速道路が取り壊されていたこと。なにより人の雰囲気がずっと明るく感じられた。珍しく天気が良かったせいかもしれないが、あちこちに2020年代へのアップデートが進んでいる印象が強く感じられた。 そうしたことを話していると、この道連れは驚いたことに、ライト・レールや水上タクシーなどシアトルの交通手段を運営する所管を詳細に知っていて、そのあり方について独自のオピニオンをもっていた。 おそらくはネイバーフッドの打ち合わせに頻繁に顔を出しては発言したりしているタイプなのだろう。話の内容によっては「シアトル、つまりキングス郡」と地理上の単位を正確に規定し直してみたりと、どうもこの道連れには都市の蓋を開けてしまった人の匂いがする。道連れの方でも、この外国人は会話のおかしなところばかりに食いつくのだなと思っていたに違いない。 スポケーンでの3時間の遅延をそのまま持ち越して、予定よりきっちり3時間遅れで到着したモンタナ州のグラスゴーで、24時間の道連れは降りていった。道連れのおかげでモンタナに少し興味が出てきた。 二日目の朝。 セントポール。この後ミシシッピ川を越えてウィスコンシン州に入り、ミルウォーキーを経てシカゴに向けて南下する。 出発から48時間後にようやくシカゴに到着。スポケーンで3時間遅れたものの、シカゴ着は予定より2時間15分遅れだった。シカゴでの乗継ぎを逃してしまった乗客も多くいたらしく、アムトラックの係員と対応について話しをすることになるらしい。 ニューヨーク行きの列車の出発まで4時間ほどあるため、駅の中にあるバーで休憩することにした。駅のバーに相応しい場末感がたまらない。なぜ空港はどこもあんなに恥ずかしくピカピカにしてしまうのか。雑多な人たちが集まっては去ってゆく場所には固有の魅力がある。せっかくシカゴなのだからとおすすめのシカゴのビールをたずねて出してくれたビールは確かに美味しくて、二杯目を頼んだら確かに聞いたはずのそのビールの名前を忘れてしまった。 シカゴからニューヨークに向かう「レイク・ショア号」に乗車すると、車内はすでにどこか東海岸の匂いがした。 乗客の髪の色が全体的にシアトル発の列車よりも濃くなっているような気もするし、それともそれは乗客の話し方、車掌のアナウンスのせっかちな話し方のせいなのかもしれない。人が身につけているものやその身につけるやり方も、すべてがシカゴの前と後では違っていた。 … Continue reading "SEA-NYP"

yoshiさん


同じキーワードの記事
2022_01101~ ストリートファッション1980-2020 定点観測40年の記録 アマゾンで購入 楽天ブックスで購入
YOOX.COM(ユークス)