■都市のコード論:NYC編  vol.05 
レポート
2016.09.23
ファッション|FASHION

■都市のコード論:NYC編 vol.05 
"NYFW(New York Fashion Week/ニューヨーク・ファッションウィーク)"の進化をどうみるか?

在NYC10年以上のビジネスコンサルタント、Yoshiさんによるまち・ひと・ものとビジネスの考察を「都市のコード論:NYC編」と題し、不定期連載しています。

上の写真はブライアント・パークのテント(BryantParkTent)でのショー(2009)。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
 ニューヨークの秋はファッション・ウィークとともにやってくる。

この秋のニューヨーク・ファッション・ウィーク (NYFW) 、いろいろな意味で転機を迎えていることでも注目された。

既に少しだけ報道されているように、アメリカ・ファッション協議会 (CFDA) NYFWのあり方についてボストン・コンサルティングに委託したレポートの結果が2016年3月に公表されたためだ。

ファッション関係者へのインタビューをもとにしたそのレポートによると、従来のモデルが機能していないこと、それを変える必要性については誰もが同意したという。

レポートはいくつかの問題点について概ね次のように指摘している。

インスタグラムなどでショーの様子は消費者もほぼリアルタイムで見ることができるようになったのに買えるのはその6ヶ月後。その間に消費者は飽きてしまい、ファストファッションにコピーする時間を与えている。 

消費者はいまの気候に合うものを買うようになっているが、従来のモデルでは暖かい頃にコートを売り始める。冬本番にはディスカウントされて、小売側も売上をディスカウントに依存する不毛なサイクルに陥っている。

オフシーズンのコレクションによってデザイナーは年中フル稼動を求められ、「クリエイティヴ・ディレクター」とは縁遠いマシンになり果てて消耗している。
 
9月8日(木)〜15日(木)、今秋も2017SSのFWが開催された。個々のメゾンが発表するクリエーションは多くの他誌(ウェブマガジン)に委ねるとして、ここでは、ちょっと違う視点、会場の“ロケーション”を中心に、考察してみることにした。
 
今秋のNYFWはこのレポートにどう反応したのか。ショーの会場をみるかぎり、変化はすでに現れているようだ。

まずは冒頭のマップをご覧いただきたい。これは、
今回ショーが行われた場所をプロットし、まとめたもので、円の大きさはその場所で行われたショーの数を示している。マウス等でドラッグすると、ブランド名が表示され、また拡大や縮小、位置を移動することも可能だ。

会場はショーのゲストのみに通知されることもあるため、マップは必ずしもすべてのショーを網羅してはいない。とはいえこのNYFWにはあきらかな変化がある。

それは会場の数が大幅に増えていることだ。ひとつのブランドだけが利用する会場が増え、より多くのブランドが独自の会場を選ぶようになっていることがわかる。

近年はチェルシー周辺の会場が多かった。ファッションのビジネスが衣類の製造業を中心に形成されたガーメント地区からチェルシーにかけて多いことと無関係ではないだろう。 

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS

20152月のショーの会場をみるとその傾向がわかる。

上のマップは、
20152のショーをプロットしたものである。20152月はブライアント・パークからリンカーン・センターまで続いた「テント」の時代が幕を閉じたNYFW。多くのショーがリンカーン・センターのテントを利用した。


この秋は伝統的にNYFWと無縁だった地区にもショーが拡がっている。正式会場とされる数ヵ所への集中はいくらかみられるものの、マンハッタンを超えてショーが分散し、中心がより曖昧になっている。

このNYFWでは多くのブランドが大規模な会場を避けて、静かで親密な環境を選んだ。ごく少数の人だけを招待した、よりエクスクルーシヴなショーを行ったブランドもある。

 
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
2016年2月に開催されたNYFW、モイニハン駅の会場
「ショーで見てすぐ買える」という、ショーの直後から店舗やオンラインでコレクションの販売を始めたブランドもさらに増えていた。

前回
LA(ロサンゼルス)の世界最大級の旗艦店にて、「brick-and-mortar(ブリック&モルタル)」として、タッチスクリーンや試着室などでハイテクを取り込んだRebecca Minkoff(レベッカ・ミンコフは、今回、ソーホーにある自身のショップ前の路上でショーを行った。NYFWの破綻を宣言し、「See-now-buy-now(ショーで見てすぐ買える)」ということにも早くから取り組んできた彼女は従来のショーに満足できず、実際に着るところに似た場所を会場に選んだという。

Ralph Lauren(ラルフ・ローレン )はアッパー・イースト・サイドの旗艦店前、Rachel Comey(レイチェル・コーミー)ソーホーのホテル前など、屋外の歩道(ストリート)でショーを行った。

Tom Ford(トム・フォード)は歴史に跡を残すかのように、近く移転が予定されているフォー・シーズンズ・レストランでショーを行った。消えゆく場所には独自の魅力がある、ということだろう。


ルーズベルト島やブルックリンなど、マンハッタン以外でのショーはいまや定番だ。ショーを初めてマンハッタンの外にひっぱり出したのはAlexander Wang(アレキサンダー・ワン)だった。

20142月にブルックリンの旧海軍施設内で行われた彼のショーの招待状にUberの割引コードが同封されていたことは記憶に新しい。今回はスポーツブランドのアディダスとのコラボレーションラインが登場。ショーの後に会場ですぐに購入できるようになっていたという。 


Tommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー)16番桟橋に観覧車をもちこみ「トミー桟橋」なる遊園地を準備して、2千人 (半分は消費者向け) をショーに招待した。会場は翌日一般に開放された。


Misha Nonoo(ミーシャ・ノヌー)にいたってはスナップチャットでコレクションを公開し、ショーは行っていない。ショーの分散傾向はロケーションだけではないらしい。
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
2011年、リンカーンセンターのテントでのショーのようす

2015年に発表されたニューヨーク市経済開発公社の報告によると、ニューヨークのFWには世界中から毎年23万人が訪れているという。NYFWにやってくる人たちは、市内に約532百万ドルを落とし、1年あたりの経済効果は900百万ドル近くになるそうだ。まさに、NYFWはニューヨーク・シティ・マラソンを上回る一大イベントなのである。

そもそも
NYFWの前身、発端は1943年にまで遡る。
第二次世界対戦中にパリに行くことができなくなった編者者たちがローカルのデザイナーを集めた「プレス・ウィーク」を始めたのがきっかけだ。

その結果、ファッション誌は米国のデザイナーを真剣に受けとめるようになったという。プラザ・ホテルで始まったプレス・ウィークは個人のアパートなどさまざまな場所で続いた。


しかし1990年にMichael Kors(マイケル・コース)のショーで天井が抜ける事故が起きたことで、秩序をもたらすためにショーをひとつの場所に集めることを考え始めた。


そして1993年にブライアント・パークであらためて「ニューヨーク・ファッション・ウィーク(NYFW)」として再スタートし、拡大に伴って20109月にはリンカーン・センターへと場所を移した。


NYFWがブライアント・パークで始まったときには、すべてのデザイナーがひとつの場所に集まることに意義があった。テントはそのアイコンだったのである。


それから20年が過ぎ、NYFWは機能不全に陥っているといっても過言ではない。ショーのあり方や場所、時期など含めて、ひとつのフォーマットがすべてのブランドに等しくあてはまる時代は終わった。ボストン・コンサルティングのレポートはそれを正式に認めたというところだろう。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS

従来のやり方が機能していないことがわかっているなら、その同じやり方を続ける理由はどこにもない。ニューヨークは新しい試みには積極的にチャレンジすることで知られる街の代表だ。


CFDAは今後のNYFWの可能性としていくつかのモデルを示唆しているものの、まだ、特定の指針を示してはいない。誰かが処方箋を書いてそれに従わせるのではなく、ソリューションはそれぞれのブランドが模索すべきものだ。そのアプローチもニューヨークらしくはあるだろう。

新しい試みには懸念がつきまとう。消費者を意識するあまりコマーシャルになりすぎはしないか。ファッションの主役はデザイナーなのか、小売なのか。


「着られるもの」だけを求めて人はショーに足を運ぶわけではない。クリエイティヴィティを目撃して驚かされたいがためにショーに期待して足を運ぶ人も少なくない。
そうした問いに答えるNYFWのふさわしいあり方は、それぞれのブランドが一番よく理解しているはずだ。

暫定的とはいえこの秋のショーには、すでに各ブランドのファッションに対する考え方をみてとることができるだろう。


CFDA議長でもあるDiane von Furstenburg(ダイアンフォン・ファステンバーグ)によると、「NYFWには“レヴォリューション (革命) ”ではなく“エヴォリューション (進化)”が求められている」と話す。

NYFWの後はロンドンファッションウィーク、ミラノファッションウィーク、そしてパリファッションウィークときて、最後が東京とソウルとなる。ロンドンやミラノ、パリなどの“進化”については、在住欧州のコントリビューテッド・ライターらにレポートを委ねたい。

(取材/マップ作成:yoshi)


Follow the accident. Fear set plan. (写真をクリックしてください)

トンネルは出たけれど
[]

トンネルは出たけれど

ニューヨークに着く前から違和感はおしよせてきた。世界中でフライトが大幅に減便になり、辛うじて飛んでいるフライトも大型機とはいえ乗り込む乗客はせいぜい20-30人というところで、なかには乗客よりもクルーの方が多い便もあると聞いている。それなのに米国に向かうフライトの搭乗ゲートには長い列ができている。昨年の春までは見慣れたあの光景だ。 ニューヨーク便だけでなく、サンフランシスコ行きもデンヴァー行きも、米国行き全ての搭乗ゲート付近に大きな荷物を抱えた人たちが集まってくる。米国本土から数千マイル離れた他国の空港内で搭乗前に始まる事前入国審査として、入国制限をクリアしているかどうかの書類審査、さらには72時間以内に実施されたCOVID-19の陰性証明や宣誓書などを精査する。多くの人が乗り込むところを見ると、米国はすでにオープン(再開した)ということなのかもしれないが、オープンな国にしてはずいぶん多くの書類とスクリーニングが求められるのだ。 列の最後尾につき、書類の精査を経て機内に入ると、そこには昨年のようなピリピリした空気は一切なく、休暇に向かう旅行者に特有のリラックスした高揚感に満ちている。満席にはほど遠いとはいえ、それでもA330-300の半分の席は埋まっている。ワクチン接種を済ませた人たちが移動を始めたのか、国外にいた米国人たちが帰国しているのか、とにかくパンデミックさなかのフライトには見えない。それとも世界はどうであれ、この乗客たちのパンデミックはもう終わったということなのか。 シートベルトとマスクに縛りつけられた長いフライトの後、入国審査に向かうと人はまばらで、少しも待たずに審査官のブースに呼ばれた。ここはお前の場所ではない、そう思い知らせることが仕事なのだと言わんばかりの威圧感でまたいつもの質問が繰り返されるのだろうと思っていたら、その女性審査官はまずニックネームで呼びかけてから手短に質問をしつつ、数日前が誕生日だったのをみてとったらしく「誕生日おめでとう」と言ってくれた。そしてパスポートを返しながら「おかえり」と締めくくったのだった。大統領が変わったためなのか、それとも彼女は元々そういう人なのか。誰だったか、この国の人たちは大好きで、この国の政府は大嫌いだと言った人がいたが、そのことを思い出した。 ***** つぶれずに続いているのか心配していたハウストン・ストリートにあるいつものバーに早速立ち寄ると、馴染みのバーテンダーが歩道のカウンターで注文をさばいていて、調子はどうかとたずねると即座に「大忙しだ」と返ってきた。収容能力の35%での営業とはいうものの、店内の席は一杯だし、昨年車道に築いたストリータリー(屋外の飲食席)に加えて歩道の席にも客が溢れている。つきあいの長い別のバーテンダーがやってきて、驚いたことに迷わず右手を差し出してきた。パンデミックとともに絶滅したはずの握手という古の社会儀礼を目にして面食らっていると、サーヴィス業に従事する人たちは優先的に早い段階でワクチン接種することができたため、もう完全に接種済みなのだといつものように高笑いする。 ワクチン接種が進んでいるニューヨーク市内では、住民のおよそ40%が少なくとも一回の接種を受けていて、検査の陽性率は2%台にまで下がっている。 歩道の席に座っていると、いつものように常連客たちがやってきた。長年ブロードウェイの仕事をしていた友人は最近フリーランスの新しい仕事を始めたらしい。ブロードウェイが再開しても前の会社に戻るかどうかどうかわからない、いま別の会社から仕事のオファーがあれば迷わずそっちに移るつもりだという。すでに同僚は何人も別の会社に移っていて、ブロードウェイの再開は新しい人たちを雇うところから始まることになり、産業全体がリセットされることになるというのが彼の見方らしい。 別の常連客は、ハウストン・ストリートの交通量の多さを眺めながら、昨年春のロックダウン時に、人影のない六番街を23丁目から59丁目まで歩く間に車一台しかすれ違わなかったことを、遠い昔話のような懐かしさを交えて話していた。たしかに市内の自動車の交通量はすでにパンデミック以前の水準に戻っている。地下鉄の乗車数が依然大きく落ち込んでいるのとは対照的だ。昨年夏にあちこちの通りを埋め尽くした大規模な抗議運動は概ね姿を消し、観光客が戻りつつある。近隣からニューヨークに遊びにやってくる人が多いのだろう、週末はホテルをとるのが難しくなっていて、一泊300ドルや500ドルの部屋ばかりなのに閉口した。畳み掛けるように、市は観光客を取り戻すために過去最大規模の観光キャンペーンを6月にローンチすることを発表済みだ。 ***** 国境の長いトンネルを抜けると見慣れた光景の国だった。気が滅入るロックダウンは過去のもの、制約ばかりの生活はもうたくさん。雇用は増えているし、三度におよぶ現金給付のおかげで消費は驚異的に伸びている。気候が暖かくなってきたことも関係しているのかもしれない。その好況ぶりを早速「ポスト・パンデミック期」とするメディアも出てきた。パンデミックはもう終わったのだ。米国内ではいまでも毎日数十万人の新規感染者が報告されているはずなのだが、そのことは忘れておこう。この都市は真っ先に猛スピードでトンネルに突入したわけだから、真っ先に出るのも当然というわけなのか。出口どころかいよいよトンネル奥の深いぬかるみに嵌りこんでいくところからやってきた者にとっては、頭も身体もついていかない時差ボケが続く。パンデミック間の時差は日光を浴びても直らない。トンネルを出る時期は世界のあちこちで違ってくる。そのタイミングや順序は、これからの世の中にどう影響することになるのだろう。 昨年から多くの飲食業が店を畳み、今年の2月にかけて市内の飲食業で働く人たちの多くが仕事を失ったが、いまでは一転して人手不足の状態で、求人を出しても人材を確保するのが難しいという。薄利構造の飲食業は従来のやり方ではそもそも持続不可能であり、賃金の引き上げを含む従業員の待遇改善など、壊れたエコシステムを根本的に立て直す必要があることが昨年頻繁に指摘されていた。客足が戻り始めたいま、再び目先のことに追われる毎日にならざるを得ないのか。 もちろん全てがパンデミック以前に戻っているわけではない。オフィスに人は戻っていないし、マスクは欠かせない。それでも2010年代に支配的だった、他に選択肢はないのだから(No alternatives)というあの厭世感はどこかに消え去り、長いトンネルを抜けたところに待っていた好況感は、オルタナティヴを模索する気運もトンネルのなかに置き忘れてきたのか、あっけらかんとしたオプティミズムが漂っている。 ***** ある人によると、このパンデミックは大きく潮が引いたようなもので、普段なら水面下に沈む多くのことが誰の目にも顕になったのだという。うっかり幕が上がった楽屋裏を目にしてしまった以上、あと戻りすることは難しい。難しいはずだった。 普段は注目されることのない職種の人たちがエッセンシャル・ワーカーとして突然脚光を浴びることになったが、それは長くは続かなかった。世の中の中心にあり、付加価値が高いとされているものは、どういうわけか少しもエッセンシャルではない仕事ばかりなのだという不思議な事実も学んだ。ソーシャル・メディアをはじめ、注目を集めたり、どうでもいいことにあくせくし、それで何かやったような気になって時間だけは早く過ぎてゆく、あのバカバカしい世界にまた戻るのか。パンデミックはあらゆることを見直し、なにが重要なのかを考え直す機会だったのではなかったのか。あれだけ時間があったのに、トンネルを出たところが入口と同じだったとすれば絶望的すぎる。 全く顔を出さないバーの常連客に連絡をとってみると、ちょうどニューヨークを離れたところだと返事がかえってきた。引っ越したのかと思ったら、これからコンチネンタル・ディヴァイド・トレイル(カナダとメキシコを結ぶ3,100マイル相当の遊歩道)を5-6ヶ月かけて歩いて縦断するから、10月頃にまたニューヨークで会おうということだった。パンデミックが看護師の彼の何かを変えたのか、それとも彼はそもそもそういう人だったのか。漏れ聞くところによると、次になにをするのか決めてもないのに人が羨む仕事をさっさと辞めてしまったり、これまでとは全く違う新しい道を歩み始める、パンデミック以前の世界と距離をとる人も少なくないらしい。 ウィリアムズバーグのダンス・クラブで働いていた知人は昨年春に仕事を失い、給与よりも多い失業手当を得て「ビリオネアの失業生活」を謳歌していたが、故郷のオレゴン州に戻ってバーを始める準備をしているらしい。失業手当など手厚い補助によって、仕事が減ってもたちまち明日の生活に困ることはない。意図せずしてちょっとしたベーシック・インカムの社会実験へと早送りされた世の中で、人びとのマインドセットが少なくとも一時的に変わり、どこか心地よいエア・ポケットのなかで、これまでとは違う、人とは違う生き方をする人も出てきているといえるのかどうか。 これからどうなるのか、そんなことはもちろんわからない。わからない方がいい。こんな世の中になる、こうすればいい、そんなことばかり言いながら、結局は誰もが同じひとつの方向へと動機づけられていた、あのどうにも窮屈なパンデミック前よりは、トンネルの外はずっと解放的な風が吹いているとはいえるのかもしれない。

FAFSPさん


同じキーワードの記事
2021_0430~
YOOX.COM(ユークス)