定点観測
2005.07.02

#295 | 実施日 : 2005.07.02 | 最高気温 : 29.4 | 最低気温 : 20.7 | 天候 : 曇

295定点観測Zoom-2・解説


■2005年7月2日(土)実施:

<考察>

もうひとつのズームアップアイテムがこちら。

プレサーベイを行っていて気づいたのが、トーキョーモード系のデザイントップスのルーズ感や、アメカジ系のTシャツのようなユル感はなく、シャツほどキメではない、「ちょうどいいきちんと感」を感じさせるアイテムとして浮上しているポロシャツが新鮮! ということで、今回取り上げることにした。

メインは男の子。ベースはアメカジブームかと思いきや、ディオール・オムやラフ・シモンズといったモード系の影響が大きかった。実際に着用されていたのも、黒がもっとも多く、次いで白、グリーンといった大人っぽいシックな色が多く、サイズもほどよくスリムで、イメージとしては、ビームスやアローズ、エディフィスといったところだろうか。

社会人3、4年目になり、少し大人っぽさを意識したトラッド人気という意味では、「ヨーロッパに憧れるアメリカ人のカジュアルスタイル」の登場→渋カジ、夏のスタイルなのかもしれない。

また、渋谷地点では、+ハンチングでオシャレ古着ミックスの団塊ジュニアパパが、同じくおしゃれ古着ミックスの子どもといっしょにママのセール待ちをするシーンによく遭遇。レイヤード過多のスタイルが長く続いた東京のストリート。今だからこそ、ポロシャツ+細身のパンツ+ベルトという、ちょいきちんと感のあるスタイルが新鮮に感じられた。

一方、女の子のポロシャツは、ギャルの間では、スキッパーと同様のアイテムとして、超・ショート丈のものが人気。ストリート系の子には、デザイントップスの一種として着用されていた。少し大人(20代後半から30代)になると、イーリー・キシモトとエレッセのコラボを代表とするような80年代テニスルックのリメイク&アレンジのものを着用していた。

全文を読む
同じカテゴリの記事
2020AW_1016~
YOOX.COM(ユークス)