■都市のコード論:NYC編  vol.04 
レポート
2015.07.24
カルチャー|CULTURE

■都市のコード論:NYC編 vol.04 "Coffee Shop"の分布からみる都市の構造とライフスタイル

在NYC10年以上のビジネスコンサルタント、Yoshiさんによるまち・ひと・ものとビジネスの考察を「都市のコード論:NYC編」と題し、不定期連載しています。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, coffee shop,コーヒーショップ, coffee, ダンキン, スタバ, star bucks,独立系,コーヒーハウス
凡例:オレンジがマンハッタン、ライトブルーがブルックリン、イエローがクィーンズ

ここ数年、コーヒーの話をよく耳にする。ニューヨークではコーヒーハウスがあちこちでオープンしており、そのなかのいくつかは日本にも出店し、話題となっている。書店でコーヒーが飲めるのは当たり前になり、コーヒーを出すアパレルの店舗も少なくない。

フード・ジャーナリズムとでもいうべきGrub Street(www.grubstreet.com/)は、いつもコーヒーの情報が紹介されている。厳選したコーヒーハウスを集めたアプリもある。だがコーヒーハウス全体のロケーション分布についてはほとんど目にすることがない。そこでマップをつくってみた。

ニューヨーク市保健精神衛生局による市内の全飲食店を対象とした例年の衛生検査の結果が、オープン・データ (https://nycopendata.socrata.com/) として公開されている。

49万行から成るデータセットから「コーヒーハウス」と考えられる店舗を抽出した結果、2015年時点で市内には1,804件の「コーヒーハウス (一部お茶を含む)」 があることがわかった。

市の人口は8.5百万人だ。住民約4,700人あたりに1件のコーヒーハウスがあることになる。ニューヨーク市は5つのボロウ (区) から成り立っている。ボロウ別にみると、コーヒーハウスの半数近くがマンハッタンに集中していることがわかる。 

map
https://fafsp.cartodb.com/viz/f282ca08-1c7d-11e5-8c3a-0e8dde98a187/public_map


<表1. コーヒーハウスの店舗数>
マンハッタン  865件
ブルックリン  429件
クイーンズ   344件
ブロンクス 116件
スタテン島    50件    
------------------------------         
ニューヨーク市 1,804件

人口あたりでみると、最も簡単にコーヒーにありつけるのはマンハッタンで、最も苦労するのはブロンクスだ。人口あたりのマンハッタンのコーヒーハウスの数はブロンクスの6.5倍になる。

マンハッタンは市の中心だ。そこに住んでいなくても、仕事や学校で毎日マンハッタンに通う人は多い。コーヒーハウスの密度が高いのも当然かもしれない。
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, coffee shop,コーヒーショップ, coffee, ダンキン, スタバ, star bucks
ニューヨーク・ミッドタウンは“歩き飲み族“が多い。
 
独立系のコーヒーハウスが増える理由

近年増えているのはインディペンデント (独立系) のコーヒーハウスだ。大規模な展開を行うチェーンとは違い、「クラフト・コーヒー」を標榜し、メニューから店舗のつくりまで、新しい試みに取り組むところが多い。

コーヒーといえばスターバックスを連想する人もいるかもしれないが、ずいぶん前からスタバはコモディティ化しており、“スタバに行かない人”という消費行動グループのマーケティング分析も盛んになっている。その結果、ニューヨーク市ではコーヒーハウスの過半数 (56%) を独立系が占めるようになったともいえる。

イスを置かないイースト・ビレッジのアブラソ (http://www.abraconyc.com/) 」や、缶入りのラテを始めるラ・コロンビ (http://www.lacolombe.com/) 」などは人気のコーヒーハウスだ。

ボロウ別にみると、マンハッタンでの独立系の比率は59%ブルックリンは66%と高い。一方ブロンクスは32%スタテン島は28%と独立系が減り、チェーン比率が一気に高まる。

<表2. 独立系コーヒーハウスの比率>
マンハッタン 59%
ブルックリン 66%
クイーンズ 50%
ブロンクス 32%
スタテン島 28%
---------------------------
ニューヨーク市 56%

map
https://fafsp.cartodb.com/viz/53477c06-1c8f-11e5-bea1-0e5e07bb5d8a/public_map


ニューヨーク市内のコーヒーのチェーン店の98%はスタバとダンキンドーナツが占めている。そこで、今度はスタバダンキンに限定してその分布をみてみよう。

すると、マンハッタンではスタバがチェーン店の60%ダンキンは38%を占めていることがわかった。ところがブルックリンではダンキンの比率が79%に逆転し、クイーンズでは82%、ブロンクスではさらに92%まで高まる。マンハッタン以外のチェーンはほぼダンキンといっていいだろう。同じチェーンとはいっても、ダンキンと比べるとスタバは依然高価なブランドだ。マンハッタン以外で「ダンキン比率」が一気に高まる理由のひとつには、当たり前だが、住民の所得が関係しているのだろう。

<表3. チェーン店舗に占めるダンキンの比率>
マンハッタン 38%
ブルックリン 79%
クイーンズ 82%
ブロンクス 92%
スタテン島 81%
----------------------------
ニューヨーク市 62%
 
map
https://fafsp.cartodb.com/viz/dd14d58a-1c91-11e5-8d6f-0e6e1df11cbf/public_map

 
 

コーヒーハウスが語る街のボーダー

次にそれぞれのボロウ内での分布をみてみよう。同じボロウの中でもそのロケーションや分布は大きく異なる。

マンハッタンは全域でコーヒーハウスが多いが、ダウンタウンはそれぞれ個性のある独立系の店が多く、ミッドタウンはチェーンの比率が高いことがわかる。

高層のオフィスタワーが林立するミッドタウンと、低層中心でスタートアップやデザイン・ビジネスが増えているダウンタウンの性格を反映しているといえるだろう。タイムズ・スクエアやグラウンド・ゼロ近辺のロウワー・マンハッタンなど、観光客が多い場所にはスタバが密集している。なにしろニューヨークには世界中から1年に54百万人が訪れる。いまやグローバル企業であるスタバにとっても大きな商機のはずだ。

ブルックリンはイースト・リバーの東のウォーターフロントで密度が高く、その多くは独立系の店だ。近年さかんに伝えられるブルックリンのイメージと合致するだろう。

ブルックリンの後を追うかのようににわかに注目されるクイーンズも、ロング・アイランド・シティやアストリアなどのイースト・リバー近くに独立系のコーヒーハウスがみられる。

だがブルックリンやクイーンズでは、ウォーターフロントからさらに東へ行くにつれてコーヒーハウスの数は少なくなり、代わりにチェーン店が増えてくる。

趣向をこらした独立系のコーヒーには個性があるが価格は高い。ジェントリフィケーションが加速する一方で、ブルックリンの東部は依然貧しく、生活水準はむしろ悪化しているのが現状だ。独立系店舗とダンキンへの二極化が、ふたつに引き裂かれる今日のブルックリンを示している。

独立系の店舗は互いにひきよせ合うようにクラスターを形成していることが多い。だがブルックリンやクイーンズの東部では、大きな道路沿いにダンキンが一定の間隔をおいて点在する。

ニューヨークは米国で最も自動車に依存しない都市だ。マンハッタンでは世帯の23%しか自動車を保有していない。だがマンハッタンから離れるにつれて自動車の保有率は高くなる。

<表4. 自動車保有率>
マンハッタン 23%
ブルックリン 44%
クイーンズ 64%
ブロンクス 46%
スタテン島 84%
----------------------------------
ニューヨーク市 44%


そして、同じブルックリンやクイーンズの中でも、東に行くほど自動車の保有率が高くなることが統計でわかっている。マンハッタンから離れるほど、自動車中心の「アメリカ」に近づく

チェーン店と自動車には密接な関係があるようだ。「ウォーカブル」なマンハッタンやブルックリンのウォーターフロントに独立系が多いこともそれを示唆している。

「ニューヨーク市内の郊外」といわれるスタテン島にチェーンのコーヒーハウスが多いのも不思議ではない。
 
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, coffee shop,コーヒーショップ, coffee, ダンキン, スタバ, star bucks
<NYCのコーヒーハウスの分布:店舗数とブランド(資本)の関係>凡例:キミドリが1店舗のみ、イエローが2〜5店舗展開、ホワイトが6~9店舗、ブルーが10〜199店舗、赤が200店舗。詳しくは本文にあるmapのリンク先へ。
“88%が独立系“というNYCのコーヒーハウスビジネス

コーヒーハウスの分布が教えてくれることはロケーションだけではない。

市内の1,804件のコーヒーハウスは、818種類のブランド/ビジネスが経営している。平均すると、1ブランドあたり2.2件の店舗を展開していることになる。

ところが実際には、1,804件のうち723件は1店舗のみ運営するコーヒーハウスだ。市内に存在する818種類のコーヒー・ブランドのうち、88%は1店舗経営ということになる。

その一方で、スタバとダンキンの2社だけで775店舗を展開し、市内のコーヒーハウスの43%を占める。

市内に展開する店舗数別にブランドの数をみてみると、店舗数が減るにつれて、それを運営するブランドの数が急速に増えていくことがわかる。

<表5. 展開店舗数別のブランドの数>
491店舗    1 (ダンキン)
284店舗    1 (スタバ)
14店舗    1 (バーンズ・アンド・ノーブル)
12店舗    2
 9店舗   1
 7店舗   2
 5店舗   6
 4店舗   9
 3店舗   15
 2店舗   53
 1店舗   723

 
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, coffee shop,コーヒーショップ, coffee, ダンキン, スタバ, star bucks
ソーホーとブルックリンに計3店舗運営している“Gimme! coffee”は、毎朝〜夕方まで地元の人で賑わっている。

「多様性と偏り」 が示す、都市生活者(メトロポリタン)像


圧倒的多数のスモール・ビジネスがひしめく一方で、一握りの巨大なプレーヤーが市場の大多数を支配する。

ウェブサイトのアクセス数や投資のリターンなど、およそ社会とよばれるあらゆる局面でこのことは観察されている。ニューヨークのコーヒーハウスにもよく似たことが起きている。

ニューヨークには平均が存在しないとよくいう。「平均的なニューヨーカー」ほど想像しづらいものはない。

もちろん多くの都市で同様の傾向はみられるだろう。だが多くの点で、ニューヨークはその偏りがとりわけ大きい。「多様性と偏り」。これほどニューヨークを適切に表す言葉はないだろう。

個人の富から住民の人種、土地のロットのサイズまで、平均値が意味をなさないのがニューヨークだ。コーヒーハウスの分布も同様の「ニューヨークのふるまい」をみせている。

東京にも同じ傾向がみられるのだろうか。パリはどうだろう。ほかの都市も気になってくる。分布や偏りの特徴に、それぞれの都市の個性をみることができるのかもしれない。
 


 
  
●NYCのCOFFEE SHOPシーンを知るためのガイド
 
The New York Coffee Guide 
(NYCにあるコンサルティング会社Allegra STRATEGIESによるコーヒーガイド。16.99ドルでコーヒーハンドブック2016年版も販売している)

NEW YORK EATER: “25 Outstanding Coffee Shops in New York City”
(NYの食文化関係の情報サイトの特集ページ:NYCは独立系のコーヒーショッップがたくさんあるので、どこがいいのかを探すのが難しい人のためのベスト25ガイド)


 
THRILLIST:”Best 30 Coffee Shops in NYC”
(THEILLISTメディアグループが世界各国約15百万人に対して配信しているニューズレター・メディア(ECも行っている)で、NYCのベスト30のコーヒーショップを紹介している)


“ZAGAT”:“10 Hottest Coffee Shops in NYC”
(ガイドブック“ZAGAT”でも今イケてるコーヒーショップベスト10を紹介)している

 

 

Follow the accident. Fear set plan. (写真をクリックしてください)

6フィートの隔たり
[]

6フィートの隔たり

ニューヨークに外出制限が伝わったのは3月22日のこと。市内のビジネスやヴェニューの多くはそれ以前から自主的に閉鎖を続けていた。 市内に200ヵ所以上の分館をもつ公共図書館は早々と閉館を決定し、MoMAフィルムもそのプログラムを中止した。上映中に地下鉄が走り去る轟音が容赦なく響くあの地下のシアターもしばし閉鎖というわけだ。息抜きに通うチャイナタウンのアート・ギャラリーも、数ヶ月前に見つけた雑多な取揃えが面白いイースト・ブロードウェイの古書店も、近所のバーも3月から閉じたままだ。 ニューヨークに住む利点がなくなってしまったというのに、相変わらずニューヨークの高い家賃を払うことが理不尽に思えてくる。おまけにニューヨークのアパートは狭いときていて、自宅隔離にこんなに不向きなところもそうはない。こんなことならさっさとどこか別の場所へと引っ越してしまった方がよかったのかもしれない。実際多くの人が市内を離れて遠方の避難先に落ち着いているらしく、二つ目の家を持っている人が多いであろうマンハッタンの裕福な地域では昼間もひと気がない。いつ戻ってくるのかわからない。いつか戻ってくるのかもわからない。 ニューヨーク州知事が発令した州令は「PAUSE (一時停止)」というものだが、ビジネスは停止してもマネーは止まりはしない。マネーにとって止まることは即ち死ぬこと、止まりたくても止まれない。外出制限の発令後しばらくすると、早速近所のコーヒーショップが店を畳むと伝えられた。一時的な閉鎖ではなく完全に閉店なのだという。 営業していなくても家賃その他の経費は出ていくのだから、損失が膨らまないうちにやめるのは合理的な判断と考えるべきかもしれない。こうした時期はキャッシュを持っている者が勝ちなのだ。停止は廃止になりかねない個人が経営するレストランやバーの多くは、告知さえなく消えていくことになるのだろう。ストランドやマクナリー・ジャクソンなどの書店は店を閉じると同時にいち早く従業員を解雇した。 同時に生活の隅々がオンラインへと移行している。食事や食材はスマートフォンをタップして自宅へのデリバリーをオーダーする。食材の買い物を代行するビジネスは大繁盛だ。ニューヨーク州では不可欠なビジネスに指定されて営業を続ける酒屋はデリバリーの注文をこなすのに大忙しで、そうして届いたアルコールを手にZoomで同僚とのハッピー・アワーが終われば、あとはストリーミングの映画を文字通り飽きるまで観ることになる。うっかり早く出番がやってきた出来の悪いスマート・シティのバブルで過ごす退屈なユートピア生活も一ヶ月を迎えたところだ。 感染の拡大を防ぐために、外にいる時には他の人との距離を6フィート (182センチ) 保つことをニューヨーク州は求めている。ネットワークの世界では6次の隔たりと言うけれど、感染のネットワークを断ち切るために6フィートの隔たりが必要とはまたよくできた話ではないか。 こうした措置は「ソーシャル・ディスタンシング (社会的距離を保つこと)」と呼ばれている。ただ実際には物理的距離と言った方がいい。物理的距離と社会的距離は同じものではない。人との物理的距離を大きくしても社会的距離をとることにはならないし、物理的に人の近くにいるからといって必ずしも社会的に近いわけではない。隔離することでむしろ人との距離がかえって近くなることもある。 面白いことに、自宅で過ごすことを強いられるようになってからというもの、これまで顔を合わせたこともなかった高齢の隣人のために、買い物を自発的に無償で行う人が増えているらしい。買ってきたものはメッセージを添えて依頼者のアパートのドアの前に置いておき、感染を避けるために顔を合わせたり話しはしない。この距離は近いのか、それとも遠いと言うべきなのか。 ***** ニューヨークにおける人と人との距離といえば、思い出すのはE.B.ホワイトだ。創刊直後から雑誌ニューヨーカーの主要メンバーとして参画し、「シャーロットのおくりもの」など童話作家としても知られるホワイトが、44丁目のアルゴンクイン・ホテルの一室で記した「Here is New York」(1949年) は、ニューヨークの旅行書にこれまで最も多く引用されたエッセイとして知られている。アップタウンからダウンタウンまでかけずり回るホワイトの記述はなるほど旅行者を楽しませること請け合いだが、中でもひときわふるっているのは、彼の視線がこの過密な都市に暮らす人びとのスタディに向かう時だ。 ランチを求めてホテルの一階に下りたところ、オズの魔法使いのカカシ役を演じたフレッド・ストーンがホワイトの席の隣で18インチ (45センチ) の距離に座っていた。そこからホワイトは、この18インチこそが、ニューヨークがストーンのようなスターを含む様々な人との接点をこの都市の住人に与える距離なのだと断定する。 東53丁目の元スピークイージーに腰をおろしたホワイトは、後ろの席で若い男が女を口説いているのに耳を傾ける。後ろの席との距離はもちろん18インチ。耳をそばだてて事の成り行きを追うこともできるし、二人の会話には耳を塞ぐこともできる。18インチは人を遠ざけて自分の領域を守る距離にもなる。 どこかで事件が起きれば早速ゴシップ好きが騒ぎ立てるが、事件の存在さえ知らずに暮らしている人がいる。近くで続いている航空ショーを見物する群衆にとびこみ熱狂に身を投じることもできるし、ホテルの部屋で人知れず黙々と仕事を続けてもいい。接点にも断絶にもなりうる18インチが、この都市の半ば分裂的な二面性を担保しているというのがホワイトの見立てらしい。 それはメイン州の入りくんだ湾に面した農場に引っ越した後も、ニューヨークとの行き来を続けたホワイトらしくもある。「シャーロットのおくりもの」を読めば、それがメインの農場で書かれたことを誰も疑いはしないだろうが、物語の展開に不可欠なクモの生態を知るために、マンハッタンのアメリカ自然史博物館でクモ学者に会い、ニューヨーク公共図書館で研究書に多くの時間を費やしたことを想像する人はどれだけいるだろう。 ***** 相反する性格が絶えず反発し合うこの都市の多重性は、ホワイトの頃から変わっていない。ニューヨークではアパートの中でさえ厳密にプライヴェートな領域とはいいがたい。日夜を問わずタクシーやパトカーのサイレンが遠慮なく響き渡るし、家賃を割安にするためにルームメートと暮らす人が増えている近年は、自宅でも一人でいることは難しい。一人になりたければむしろ外に出た方がいいこともある。 ニューヨークは人ごみの中で簡単に独りになることができるところだ。誰もあなたのことなど気にしない。仕事はカフェでできるし、週末の深夜に大混雑するバーの中で独りきりになることだってできる。カフェやバーは営利目的という意味ではプライヴェートのビジネスなのだが、その多くはパブリック・スペースの役割も果たしてもいる。完全にプライヴェートでもなく完全にパブリックでもない、その曖昧な領域をくるくると使い分けるのは何かと都合がいい。 18インチの両義性にかろうじて成り立つ都市が6フィートの隔たりを強いられれば、断絶ばかりが残ることになる。それがソーシャル・ディスタンシングの目的なのだ。 「曲線をフラット化する」のは、個人が感染者しないためということもあるが、医療破壊を防ぐこと、集合的なレヴェルのコントロールを意図するところが大きい。雑多な人が集まりぶつかり合う都市は、個人の集まりを大きく超える集合的アウトプットを生み出す。COVID-19は都市が拠って立つその条件を攻撃するものだと言われることもあるが、見方によってはそれはネットワーク効果である都市そのものを見ているようでもある。 歩道で、地下鉄の中で、スーパーマーケットに入るのを外で待つ長い列で、ありとあらゆるところで人との接触を断つ手段が講じられているのを目にするたびに、何かがばらばらと空中分解する音がする。 ***** 気分を変えるために外に出て、近所の公園や歩道に佇んで人が行き交うのを眺めることができなくなり、見知らぬ人たちと場所を共有するカフェやバーが失われたことで、歩道のベンチに座る当たり前のパブリック・ライフが生活に欠かせないラグジュアリーだったことに誰もが気づいている。時差ぼけで訪れる午前4時のドラッグ・ストアや夜明け前のダイナーに行くこともできない。しばらくは時差ぼけになることもなさそうだ。 辛いのは外に出られないことだけではない。私たちの生活に当たり前に潜んでいたはずの多重性が圧縮されて、突然貧しくなったのだ。 不意に襲ったパンデミックによっていろいろなことが見えてくるし、あらためて多くのことが問い直されることになる。このことからどんな示唆を引き出すべきなのだろう。 いよいよ「社会などというものは存在しない」世界が本格的にやってきたというべきなのか。それともつながり過ぎた世の中の見直しが進んでいるというべきなのか。もちろんインターネットのことではない。 一分の隙もなくぴったりとシームレスに統合された経済にはショックを吸収するバッファーが存在しない。そのモデルを誰よりも追求していたグローバル企業が、来たるべき次の時代に備えて分権的な連合を指向し始めているらしいことと、感染症が緊密なネットワークを切り離していることが、どこか通じ合っているようにみえるのは偶然だろうか。

FAFSPさん


同じタグの記事
同じキーワードの記事
「2020SS」 510~
YOOX.COM(ユークス)