ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
THINK OF THINGS(シンクオブシングス)
レポート
2017.06.28
この記事のカテゴリー |  インテリア・雑貨 |   飲食・フーディング |    | 

THINK OF THINGS(シンクオブシングス)

創業112年を迎えるコクヨがオープン。ワークとライフの境界を超える“実験の場”

渋谷区千駄ヶ谷、JR原宿駅竹下口から徒歩3分ほどの場所に、5月26日、文具・オフィスメーカーのコクヨ(株)が手がけるライフスタイルショップ&カフェ「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」がオープンした。

約55坪の敷地にある地上3階建の同施設は、1階はカフェとライフスタイルショップ、2階がレンタル可能なイベントスペース「TOT STUDIO」、そして3階がコクヨオフィスという構成になっている。
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,渋谷区,千駄ヶ谷,竹下通り,THINK OF THINGS,シンクオブシングス,コクヨ,KOKUYO,ライフスタイルショップ,文具,オフィス,家具,ファニチャー,ワークスタイル,ライフスタイル,コミュニティ,働き方,暮らし方,ご近所,STUDIO,オフィス,ショップ,オブスキュラコーヒーロースター,OBSCURE COFFEE ROASTER,コッペパン,クリエイター,デザイナー,コワーキング,キャンパスノート,測量野鳥,Creative Lounge MOV,カドケシ,永田宙郷,塚本太朗,廣川淳哉,黒田英邦,ミラノサローネ,実験の場,イベントスペース,ワークショップ,フューチャーセンター,商品開発,メーカー,企画,顧客接点,ユーザー,コワーキング,ノマドワーキング,フリーランス,学び
カフェは、三軒茶屋の「OBSCURA COFFEE ROASTER(オブスキュラコーヒーロースター)」がプロデュース。コーヒーの他に揚げたてのコロッケなどを挟んだコッペパンサンドなども提供する。

ショップスペースでは、同社のキャンパスノートや測量野帳など、四半世紀以上も販売されているロングセラー商品に加えて、紙と鉄で作られた収納キャビネットや布貼りファイル、小物入れになる丸筒など、今のライフスタイルにマッチするようにアップサイクルされた商品や、ここでしか買えないエクスクルーシブ商品が並ぶ。
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,渋谷区,千駄ヶ谷,竹下通り,THINK OF THINGS,シンクオブシングス,コクヨ,KOKUYO,ライフスタイルショップ,文具,オフィス,家具,ファニチャー,ワークスタイル,ライフスタイル,コミュニティ,働き方,暮らし方,ご近所,STUDIO,オフィス,ショップ,オブスキュラコーヒーロースター,OBSCURE COFFEE ROASTER,コッペパン,クリエイター,デザイナー,コワーキング,キャンパスノート,測量野鳥,Creative Lounge MOV,カドケシ,永田宙郷,塚本太朗,廣川淳哉,黒田英邦,ミラノサローネ,実験の場,イベントスペース,ワークショップ,フューチャーセンター,商品開発,メーカー,企画,顧客接点,ユーザー,コワーキング,ノマドワーキング,フリーランス,学び
上:ショップスペースでは、コクヨの文具や生活の中で使えるライフスタイルグッズを販売。
下:四半世紀以上のロングセラー商品である測量野帳。カーキとベージュはここでしか販売していないエクスクルーシブ商品だ。
とはいえ、ここは単なるカフェやコクヨ社の商品を売るためのショップではない。

「ここは実験の場なんです」と語るのは、黒田英邦社長。2015年に39歳の若さで5代目の社長に就任した後、視察で訪れたミラノサローネがきっかけだったという。

「(ミラノサローネに)出品されているものたちにすごく豊かさを感じ、刺激を受けました。新たな商品展開をいろんな方々と“企む”場をつくりたいと思ったんです」(黒田社長)。

創業112年という老舗企業であるコクヨにとって、これまでとは全く違う発想でものづくりができる“場”が必要だった。そのために、多くの社員が通常の業務と兼任で同プロジェクトに関わり、さらに外部からのパートナーも迎えることで、立場の違うメンバーが意見をぶつけあい、協創していくプロジェクトになっていったそうだ。
 
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,渋谷区,千駄ヶ谷,竹下通り,THINK OF THINGS,シンクオブシングス,コクヨ,KOKUYO,ライフスタイルショップ,文具,オフィス,家具,ファニチャー,ワークスタイル,ライフスタイル,コミュニティ,働き方,暮らし方,ご近所,STUDIO,オフィス,ショップ,オブスキュラコーヒーロースター,OBSCURE COFFEE ROASTER,コッペパン,クリエイター,デザイナー,コワーキング,キャンパスノート,測量野鳥,Creative Lounge MOV,カドケシ,永田宙郷,塚本太朗,廣川淳哉,黒田英邦,ミラノサローネ,実験の場,イベントスペース,ワークショップ,フューチャーセンター,商品開発,メーカー,企画,顧客接点,ユーザー,コワーキング,ノマドワーキング,フリーランス,学び
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,渋谷区,千駄ヶ谷,竹下通り,THINK OF THINGS,シンクオブシングス,コクヨ,KOKUYO,ライフスタイルショップ,文具,オフィス,家具,ファニチャー,ワークスタイル,ライフスタイル,コミュニティ,働き方,暮らし方,ご近所,STUDIO,オフィス,ショップ,オブスキュラコーヒーロースター,OBSCURE COFFEE ROASTER,コッペパン,クリエイター,デザイナー,コワーキング,キャンパスノート,測量野鳥,Creative Lounge MOV,カドケシ,永田宙郷,塚本太朗,廣川淳哉,黒田英邦,ミラノサローネ,実験の場,イベントスペース,ワークショップ,フューチャーセンター,商品開発,メーカー,企画,顧客接点,ユーザー,コワーキング,ノマドワーキング,フリーランス,学び
ショップのディレクションにはEXS(イクス)代表の永田宙郷さん、アイテムセレクトでリドルデザインバンクの塚本太朗さん、ネーミングに編集者の廣川淳哉さん、PRサポートにMIRU DESIGN(ミルデザイン)の青木昭夫さんが参加。ショップオリジナルの測量野帳の開発には『&Premium』などの編集を手がけてきた柴田隆寛さんも加わった。オープニングレセプションでは、黒田社長と永田さん、柴田さんによるトークショーも開催された。

メインスペースである2階のスタジオは、自主企画や持ち込みによるイベント、ワークショップなどへの貸出しも行い、さまざまな商品開発や働き方などに関するヒントや気づきが生まれる場所にしていくという。もちろん、1階の店舗ではお客様の生の声を聞き、それをもとに商品開発にフィードバック。

3階は、デザインや企画系を中心とした15名ほどが常駐するコクヨのオフィスで、これら3つのフロアの機能を循環させることで、顧客起点の商品開発をスピーディに進めていくのが狙いだ。
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,渋谷区,千駄ヶ谷,竹下通り,THINK OF THINGS,シンクオブシングス,コクヨ,KOKUYO,ライフスタイルショップ,文具,オフィス,家具,ファニチャー,ワークスタイル,ライフスタイル,コミュニティ,働き方,暮らし方,ご近所,STUDIO,オフィス,ショップ,オブスキュラコーヒーロースター,OBSCURE COFFEE ROASTER,コッペパン,クリエイター,デザイナー,コワーキング,キャンパスノート,測量野鳥,Creative Lounge MOV,カドケシ,永田宙郷,塚本太朗,廣川淳哉,黒田英邦,ミラノサローネ,実験の場,イベントスペース,ワークショップ,フューチャーセンター,商品開発,メーカー,企画,顧客接点,ユーザー,コワーキング,ノマドワーキング,フリーランス,学び
2階のSTUDIOは、自主企画のイベントを開催しながらレンタルスペースとしても解放。左側のグレーのカウンターには、キッチンが完備されている。
多様な人々が集う場にするためカフェスペースは飲食の場としてはもちろん、打ち合わせなどでも使いやすいつくりになっている。商業と生活、オフィスが同居し、アパレルやクリエイターのオフィスが多い千駄ヶ谷の街の特性を活かしながら、近隣の多様な人々の生活の一部として機能することで「コミュニティ」を形成し、醸成していく場を目指す。
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,渋谷区,千駄ヶ谷,竹下通り,THINK OF THINGS,シンクオブシングス,コクヨ,KOKUYO,ライフスタイルショップ,文具,オフィス,家具,ファニチャー,ワークスタイル,ライフスタイル,コミュニティ,働き方,暮らし方,ご近所,STUDIO,オフィス,ショップ,オブスキュラコーヒーロースター,OBSCURE COFFEE ROASTER,コッペパン,クリエイター,デザイナー,コワーキング,キャンパスノート,測量野鳥,Creative Lounge MOV,カドケシ,永田宙郷,塚本太朗,廣川淳哉,黒田英邦,ミラノサローネ,実験の場,イベントスペース,ワークショップ,フューチャーセンター,商品開発,メーカー,企画,顧客接点,ユーザー,コワーキング,ノマドワーキング,フリーランス,学び
オープニングレセプションではコクヨ伝統の技術「マーブル付け」の実演が行われた。昔の洋式帳簿の小口(断面)の付けられていた装飾で、ページの抜き取りによる帳簿の改ざんを防ぐためのものだ。
コクヨグループは、2012年に研究組織「WORKSIGHT LAB.(ワークサイトラボ)」を設立し、次世代の働き方と学び方を追求し、実践知とソリューションを提供するための研究や情報発信を行ってきた。さらにフリーランスやクリエイターなどに向けて、新しい働き方を実践する場として渋谷ヒカリエ内にコワーキング・スペース「Creative Lounge MOV(モヴ)」を開設し、ソフト・ハードの双方向から常に新しいワークスタイルを提案ししている。

メーカーによるマーケティング拠点/商品企画拠点というと、過去には例えばヤマハの「EX'REALM(エクスレルム)」やビー・エム・ダブリュー(株)の「Studio MINI DAIKANYAMA(期間限定)」などのように、アンテナショップにカフェやクラブ、ギャラリーなどを併設した施設が主流だった。

しかし近年では、三井不動産(株)が手がけるビジネス創造に注力したコワーキングスペース「31VENTURES Clipニホンバシ」やトヨタ自動車(株)の「未来プロジェクト室」、(株)富士通エフサスによる「みなとみらいInnovation & Future Center」などのように、場を作るだけでなく多様なステークホルダーが集いアイデアを出し合って、オープンイノベーションを起こそうという動きへと移行している。NPOやワークショップデザイナー、ファシリテーターなど外部が介在している点も大きなポイントだ。「THINK OF THINGS」では、ショップ、カフェ、スタジオとさまざまな形態を通じた社内外のコミュニケーションを活性化させ、ユーザーとの接点を持てる拠点として稼動させていきたいようだ。

取材・文 ACROSS編集部
 
 

THINK OF THINGS(シンクオブシングス)

151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1
JR原宿駅竹下口より徒歩3分
TEL 03-6447-1113
営業時間 10:00-20:00
第3水曜日 休み


同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事