ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
CYCLE&STUDIO R shibuya(サイクルアンドスタジオ アールシブヤ)
レポート
2017.04.17
この記事のカテゴリー |  美容・健康 | 

CYCLE&STUDIO R shibuya(サイクルアンドスタジオ アールシブヤ)

フィットネスにもVRの波が到来。日本初のVRサイクルスタジオが渋谷にオープン

健康志向の高まりとともに多様化が進むフィットネスクラブ市場。すっかり定着した女性専用フィットネススタジオ24時間利用可能なジム、成果型パーソナルトレーニングジムなどに加え、ここ数年は、まるでクラブのような照明と大音量の音楽のなかでサイクリングやボクシング、トランポリンなどのエクササイズを行うスタジオなど、エンターテインメント性を重視した新感覚のフィットネスも登場。フィットネス先進国であるアメリカやニュージーランド発の新たなフィットネスが次々と上陸している。

 そんななか、世界で6カ国目、日本初となる「VR(仮想現実)サイクルスタジオ」が、2017319日、「CYCLE & STUDIO R shibuya」としてオープンした。場所は渋谷駅から徒歩分、渋谷109横のグルメタウン5階にある。

運営元は、全国でスポーツクラブ事業を展開する(株)ルネサンス。以前は女性専用ヨガスタジオ「Demi RENAISSANCE(ドゥミルネサンス)」として運用していた場所で、近年のフィットネスクラブ市場が利用者の高齢化という課題を抱えるなか、男女兼用且つ若者をターゲットにしたプログラムを提供しようと、今回フィットネスプログラム開発会社のミルズジャパン社とパートナーシップを。同社のプログラムに特化したスタジオとしてリニューアルオープンしたかたちとなる。
同スタジオでは、VR映像を観ながらバイクエクササイズを楽しむ「VRサイクル」と、音楽に合わせて本格的なグループエクササイズを行う「ライブトレーニング」の2つのワークアウトを提供している。

20代〜30代の流行に敏感な方に向けて、ファッショナブルなイメージを打ち出したかったので、渋谷を選びました。一般的にフィットネスクラブは、自宅から近い場所にある施設を利用するのが主流です。しかしここ
は、休日に映画を観たり、クラブで踊ったりするような非日常を楽しんでいただくスタイルを提案しています」(ルネサンス広報)。
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,スポーツ,サイクルスタジオ,VRサイクル,自転車,スポーツクラブ,スポーツジム,運動,VR,バーチャルリアリティ,映像,サイクルスタジオ,フィットネス,渋谷,shibuya

「バイクエクササイズVRサイクル含む)」専用のR1スタジオには、ミニシアターなみの大きさを誇るカーブ状の特殊スクリーンと3台のプロジェクター、そして47台のバイクが設置されており、レズミルズ社が開発したプログラム「THE TRIP(ザ・トリップ)」が最大のウリである。40分間、バイクエクササイズをしながらVR映像の旅を楽しめるようになっている。ということで、せっかくなので、「THE TRIP 6を体験してみることにした。

特別なギアの装着や準備は一切不要で、通常のトレーニングウェアと、専用のシューズを着用して、床に固定されたバイクに乗るだけ。専用のシューズでペダルと足は固定されているものの、一般的なバイクと何ら変わりはない。

ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,スポーツ,サイクルスタジオ,VRサイクル,自転車,スポーツクラブ,スポーツジム,運動,VR,バーチャルリアリティ,映像,サイクルスタジオ,フィットネス,渋谷,shibuya

映像はサンフランシスコの街並みからスタート。インストラクターのかけ声に合わせて、視界を120度覆うVR映像の中を進んでいくような感覚でバイクを漕いでいく。

立ち漕ぎと座り漕ぎを織り交ぜながら、上り坂ではギアを重くしたり、逆に下り坂ではギアを軽くしてペダルの負荷を調節したり。徐々に心拍数をあげながら、効率的に有酸素運動トレーニングを行って行くプログラムだ。

中盤は、まるで映画『アリス・イン・ワンダーランド』のようなファンタジックな風景へと変わり、終盤は宇宙空間を漂う1本道や地下トンネルのようなスペース、未来都市など、次々にシーンが変化。

時間が経ってプログラムが進むほど没入感は強くなり、傾いた道路に合わせて動く場面では、バイク
身体が本当に傾いているような錯覚を感じたほどだ。
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,スポーツ,サイクルスタジオ,VRサイクル,自転車,スポーツクラブ,スポーツジム,運動,VR,バーチャルリアリティ,映像,サイクルスタジオ,フィットネス,渋谷,shibuya

視界が包まれるようなVR映像と、クラブのようなサウンドシステムは迫力満点!ロールプレイングゲームのようにストーリー性がある映像と、次々に展開していく9曲の音楽を楽しんでいると、飽きる間もなくトレーニングが終了。

基本的にバイクを漕ぐだけで難しいスキルは不要なので、初心者でも安心して参加でき、さらにHMD(ヘッドマウントディスプレイ)も不要なので、みんなで何かを成し遂げたという一体感を感じられる点も魅力だ。

ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,スポーツ,サイクルスタジオ,VRサイクル,自転車,スポーツクラブ,スポーツジム,運動,VR,バーチャルリアリティ,映像,サイクルスタジオ,フィットネス,渋谷,shibuya
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,スポーツ,サイクルスタジオ,VRサイクル,自転車,スポーツクラブ,スポーツジム,運動,VR,バーチャルリアリティ,映像,サイクルスタジオ,フィットネス,渋谷,shibuya

また「VRサイクル」の他にも「ライブトレーニング」として、短時間で有酸素運動の6倍の脂肪燃焼効果が期待できる時短トレーニングや、ダイナミックな動きと音楽を融合させたグループエクササイズなど、7種類のプログラムを提供している。こちらも音楽に合わせて参加者が一体となって盛り上がりながら取り組めるレッスンになっており、1人では得られない高揚感や満足感が得られ、脂肪燃焼や筋力向上、体幹強化などの運動効果が得られるプログラムだ。

会費は、1度に8レッスン連続予約可能のコースが16,200/1度に4レッスン予約可能のコースが14,580円で、いずれも月間利用制限は30回。ドロップイン利用は1,080円+1レッスン2,500円。別途入会金3,240+事務手数料5,400円が必要だ。※価格は全て税込

客層は30代〜40代が中心で、男女比は37。平日の18時以降、仕事帰りに利用する人が多く、近隣企業(特にIT関連)に従事する人が多いそうだ。休日には複数のプログラムを受ける人も少なくないという。

ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,スポーツ,サイクルスタジオ,VRサイクル,自転車,スポーツクラブ,スポーツジム,運動,VR,バーチャルリアリティ,映像,サイクルスタジオ,フィットネス,渋谷,shibuya

 

2016年はVR元年といわれ、メーカー各社のコンシューマー向けデバイスも出揃い、一気にVRの普及が始まった。VRアトラクションを設置するテーマパークや商業施設も増加。2014年にハウステンボス内のゲームミュージアムにオープンした日本初のVRアトラクション「ザ・バーチャル」を皮切りに、イオンレイクタウン内「イオンレイクタウンVR Center」、渋谷区宇田川町の「VR PARK TOKYO(ブイアールパークトーキョー)」、渋谷区渋谷「VR SPACE SHIBUYA(ブイアールスペースシブヤ)」など、VRを体験できるアミューズメントスペースが続々とオープンしている。

“スポーツとVRとの融合”も盛んで、同社の「VRサイクル」スタジオ以外にも(株)ハシラスが開発したVR×トランポリン「オムニジャンプ」や、(株)テレビ朝日メディアプレックスが開発したVR×ランニングマシン「VR ENERGY RUNNNING」など様々なスポーツとVRコンテンツと融合が試みられており、商品化に向けた開発が進んでいる。また、既に海外では、ドイツのVR全身フィットネスマシン「ICAROS」(六本木「THE BODY RIDE」で体験可能)や、VRフィットネスバイク型のVRゲームシステム「VirZOOM」も販売され始めており、今後日本でもVRの多様活用化が進みそうだ。
 

CYCLE&STUDIO R shibuya(サイクルスタジオ アールシブヤ)

東京都渋谷区宇田川町23-3


同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事