ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
ピープル
ゲスト
M/M(Paris), Mathias Augustyniak(マティアス・オグスティニアック)
M/M(Paris), Mathias Augustyniak(マティアス・オグスティニアック)
アートディレクター/クリエイティブユニット

M/M(Paris)
Michael Amzalag(ミカエル・アムザラグ)とMathias Augustyniak(マティアス・オグスティニアック)によって1992年に結成された、パリを拠点に活動するクリエイティブユニット。
20年以上にわたりファッション、アート、音楽、デザインと多分野において活躍し、象徴的かつ影響力の強いデザイン&アートで世界中の人々を魅了している。
彼らの手掛ける多くの作品でオリジナルのタイポグラフィを用いられることがあり、表現方法の一つとしてタイポグラフィの重要性の高さが窺え、2003、2004、2012年度の東京TDC賞(タイポディレクターズクラブ)も受賞している。
また、ファッション、音楽関係の仕事が顕著で、これまでのコラボレーションワークとして、A.P.C.、Balenciaga、Calvin Klein、Dior Homme、Givenchy、Jil Sander、Loewe、Louis Vuitton、Missoni、Sonia Rykiel、Stella McCartney、Yohji Yamamoto、Yves Saint Laurentなどのビックメゾンやデザイナーが連なる。
音楽の分野でも、2013年にグラミー賞の最優秀レコーディング・パッケージ賞を受賞したビョークの『Biophilia』を代表に、ヴァネッサ・パラディ、カニエ・ウェスト、マドンナといった著名アーティストのアルバムアートワークやミュージックビデオを手掛ける他、『Vogue Paris』、『Purple Fashion Magazine』、『Arena Homme+』、『Interview Magazine』などの雑誌のアートディレクションも手掛けた。また、2012年には、活動20周年記念として500ページを越える作品集を上梓した。

M/M(Paris), Mathias Augustyniak(マティアス・オグスティニアック)の記事