ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
ピープル
ゲスト
沖野修也
沖野修也
DJ/クラブ「room」オーナー

PROFILE:1967年2月21日京都府宇治市生まれ。血液型B型。 高校の頃より京都のクラブ「コンテナ」でDJとして活躍し、卒業後にDJ兼店長に就任。93年に、Mondo Grossoのデビューを機に、メンバーと共に上京。同年、渋谷・桜ヶ丘にクラブ「THE ROOM」をオープン。翌94年、アルバム「Kyoto Jazz Massive」を発表。その後、別ユニットとして「COSMIC VILLAGE」も結成。多数のアルバムをリリースする。 2000年、独のCOMPOST RECORDSからリリースしたオリジナル楽曲「Eclipse」が、トーキング・ラウド・レーベルのジャイルス・ピーターソンがDJを務める英国BBC RADIO club chartで3週連続1位を獲得。同年、ヨーロッパ20カ国30カ所でDJツアーを成功させる。 さらに、MONDAY満ちる、MONDO GROSSO、SLEEP WALKERといったアーティストのプロデュース/マネージメントや、JAZZNOVA、ANANDA PROJECT、 FAUNA FLASH等でのリミックスなどでも活躍。 また、WOWWOWの番組「パリ・ミラノコレクション」の選曲の他、サザビーとのコラボレーションによるバッグの制作など、音楽だけでなく、ファッション分野でも活躍している。 01年秋より、フューチャー・ジャズ専門のフリーペーパー『QUALITY!』を創刊。02年1月より、自らがプロデュースするクラブ「THE ROOM」にて、最終水曜日の夜8時から“フューチャー・ジャズ喫茶「SOFA」”をスタート。同年6月、資生堂が主催のカルチャープログラム「WORD」において、『bounce』の編集長西尾大作氏との対談に参加。テーマは「So coolなDJとは?」。

沖野修也の記事
沖野修也氏のブログ
2017-11-18

毎年この季節になると・・・

毎年この季節になるとある問題が浮上します。 The Roomの存続・・・。 3ヶ月前迄に管理会社/ビル・オーナーに退去を通告する必要があるので、3月閉店と設定すると12月中の決断が迫られるんです。 弊社は決算が9末だから(申告書類が出来るのはもっと後だから)、9月中決定☞12月末閉店という選択はちょっとないんです。 昨日も何人かの人に 「大丈夫ですよね?」とか「続けて下さい!」と声をかけられました。 毎年、年末になると閉店を匂わせ、お客さんの危機感を煽る商法じゃないのか!と冷やかされること

2017-10-19

100%無理と言われて

世の中捨てたもんじゃないですよ。諦めたらアカンという話です。 実は今年の2月、とあるイベントの会場で会ったファンの方に「いつも沖野さんって回りから無理って言われても絶対やり遂げてるのに凄く励まされてるんです」と言われ、その後とんでもない告白!をされました(驚)。 何と彼女が放射線を99.9%遮蔽する製品を開発した会社を見つけ、福島県への導入をたった1人で働きかけたそうなんです。 話の内容があまりにも素晴らしかったので、お礼を伝え、お願いして後日喋った内容をメールで送ってもらいました。ご本人の許

2017-10-07

これぞ真のミラクル!(後編)

Mark de Clive-Loweに誘われていたので、翌日のBlue Noteに足を運ぶつもりだったんです。 だから、まさかのHarvey Masonさんのご来店には驚いてしましました。 Harvey Masonさんと言えば、まさにThe Roomにとっては"神"と呼ぶべき存在。 参加アルバム586枚(Discogs調べ)ってのも凄いんですが、 The Roomがオープンして以来25年、僕達がThe Room Classicsと呼ぶ定番曲で彼が叩く曲の多いの何の! Till You Take

沖野修也氏のブログは"こちら"で読むことができます!