ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
ピープル
ゲスト
沖野修也
沖野修也
DJ/クラブ「room」オーナー

PROFILE:1967年2月21日京都府宇治市生まれ。血液型B型。 高校の頃より京都のクラブ「コンテナ」でDJとして活躍し、卒業後にDJ兼店長に就任。93年に、Mondo Grossoのデビューを機に、メンバーと共に上京。同年、渋谷・桜ヶ丘にクラブ「THE ROOM」をオープン。翌94年、アルバム「Kyoto Jazz Massive」を発表。その後、別ユニットとして「COSMIC VILLAGE」も結成。多数のアルバムをリリースする。 2000年、独のCOMPOST RECORDSからリリースしたオリジナル楽曲「Eclipse」が、トーキング・ラウド・レーベルのジャイルス・ピーターソンがDJを務める英国BBC RADIO club chartで3週連続1位を獲得。同年、ヨーロッパ20カ国30カ所でDJツアーを成功させる。 さらに、MONDAY満ちる、MONDO GROSSO、SLEEP WALKERといったアーティストのプロデュース/マネージメントや、JAZZNOVA、ANANDA PROJECT、 FAUNA FLASH等でのリミックスなどでも活躍。 また、WOWWOWの番組「パリ・ミラノコレクション」の選曲の他、サザビーとのコラボレーションによるバッグの制作など、音楽だけでなく、ファッション分野でも活躍している。 01年秋より、フューチャー・ジャズ専門のフリーペーパー『QUALITY!』を創刊。02年1月より、自らがプロデュースするクラブ「THE ROOM」にて、最終水曜日の夜8時から“フューチャー・ジャズ喫茶「SOFA」”をスタート。同年6月、資生堂が主催のカルチャープログラム「WORD」において、『bounce』の編集長西尾大作氏との対談に参加。テーマは「So coolなDJとは?」。

沖野修也の記事
沖野修也氏のブログ
2018-01-24

積み、重ねるということ

蔵前のNuiというホステルに行ったのは何年前のことだろうか?既に注目されていたのでその名前を知っていた。ある日蔵前で打ち合せがあり、たまたま前を通りがかったのが全ての始まりだった。 ふらっと店に入ると偶然知り合いがいて、オーナーの本間さんを紹介して頂いた。 今から15年くらい前かなぁ、シアトルでACE HOTELの1号店に泊まって新しい宿の形に興味を持った。目黒にクラスカがオープンした時は、リノベーションを設計したインテンショナリーズの鄭秀和さんにお声掛け頂き、音楽プロデューサーとして立ち上げ

2017-12-29

追記

早速、「遊びでDJできないよー」とか「俺等DJって名乗ってるんすけど、喧嘩売ってんですかー」とか「もう沖野さんにDJ頼めないんですかー」というお声が耳に入って来てます(笑)。 ま、その反応を期待してブログを書いた訳ですけどね。 僕も推敲することなくアップしたので誤解を招いた部分、追記しておきます。本にしたり、雑誌に寄稿してたらそんな余地を作っちゃいけないんですが、アムステルダムの乗り継ぎでぱぱっと書いたから・・・。 以下箇条書きに。 ①僕がDJという肩書きを使うのを止めるだけで、DJプレイを止め

2017-12-27

DJを辞める?

20歳でDJになると決意し、2017年、50歳でDJを辞めることにしました。 こう書くと誤解を招くかもしれないですね。もっと正確な言い方をするならば、DJという行為は続けるけれど、DJと名乗るのを止める、ですね。 僕のことをご存知の方は驚かれないでしょう。むしろ、またか?と呆れられているかもしれません。 The Roomという僕がプロデュースする店をクラブというカテゴリーから離脱すると宣言したのと似てますからね。 肩書きからDJを外すということです。 理由は二つ。 一つは、もはやDJ業が僕の仕

沖野修也氏のブログは"こちら"で読むことができます!