ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
定点観測
2007.05.12

#317 | 実施日 : 2007.05.12 | 最高気温 : 23.7 | 最低気温 : 14.4 | 天候 : 晴後一時薄曇

317定点観測Zoom-2・解説

コットンシャツ

■2007年5月12日(土)実施:
1980年8月以来、毎月基本的には第1土曜日に実施している定点観測。今月はGW真っ只中ということで、いつもの東京のファッショントレンドの担い手とは異なる来街者が増えるため、1週間ずらした第2土曜日の実施となった。
当日の最高気温は23.7℃と初夏らしく、渋谷地点は代々木公園で催されていたタイフードフェスティバル、原宿地点はギャル男雑誌『Men’s Knuckle(メンズナックル)』(http://www.mennaku.net/pc/)』の読者スナップ、新宿地点は学生のサークルやゼミの飲み会?と思われる若者の待ち合わせの「人だんご(10人以上の集団)」など、全地点、比較的早い時間から大勢の人で賑わっていた。

トレンドは、「甘いロマンティック」系から「爽やかナチュラル」系へ

 今初夏、ストリート×モードミックスの子の間では、やや長めのコットンシャツというか、ミニ丈のワンピースというか、どちらとも取れるようなチュニック丈のアイテムが急増。ということで取りあげることにした。

 「ゆるふわ」Aライントップスにスキニーな足下というシルエットの流れをそのまま引っ張って浮上したアイテムだが、よく観察してみると、シフォンや透け感のあるエレガントな素材ではなく、コットンまたは麻混紡のしゃきっと感のある素材で、「ナチュラル」、「爽やか」なイメージへとシフトしているようすが伺えた。 

 一方、ギャルやギャルミックスのあいだでは、デニムのバギーパンツに合わせるコンパクトなトップスとして、スリムでぴたぴためでショート丈のコットンシャツが人気。

 また、ナチュラル系の透け感のある素材で、フリルがあしらわれたロマンティックなブラウスも浮上。「アート&サイエンス」のようなレトロミックスも、オシャレ上級者に支持されていた。


[文責:『WEBアクロス』編集部]

全文を読む
同じカテゴリの記事