ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
定点観測
2005.08.06

#296 | 実施日 : 2005.08.06 | 最高気温 : 34.9 | 最低気温 : 27.2 | 天候 : 晴

296定点観測Zoom-2・解説


■2005年8月6日(土)実施:

<考察>

■サングラス

プレサーベイを行った7月末から急に増え、8月になり一気に一般化したアイテムといえば、大ぶりのサングラスだ。なかでも、セルが太めのものが男の子の間で人気急上昇中。ということで、今回取り上げることにした。

実査の日。全地点で予想以上に着用者が多く、ともすればカウントできるのでは、というほどマスかしつつあることが明らかになった。

実は、大ぶりのサングラスは、「デカサングラス」、「ラップアラウンド・タイプ」など、過去にも何回が取り上げているが、今年のトレンドはレンズが眼が見えないほど濃い点と、セルのフレーム部分が上下同じほどふくらみがあり、厚めのデザインであること。エッジにビジューがあしらわれていたり、ブランドのロゴが目立つようにあしらわれているなど、60年代後半から70年代の俳優のような「セレブライク」なのが特徴だ。

黒や濃い茶の太めのフレームがもっとも多いが、8月も半ばを過ぎると、ギャル系の子の間で白いフレームが急増。60年代のクレージュじゃないが、大ぶりのネックレスと同じアクセサリー感覚でプラスしているのが面白い。

00年頃にストリートで「帽子」が急増したように、05年は「眼鏡・サングラス」も気軽に着脱するアクセサリーへと浸透しているようだ

全文を読む
同じカテゴリの記事