ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
閉じる
item image

 



2月の支出は交通費がダントツに多いですね。家賃をエアー代にしている感じです。あとはまぁ変わらずかな。
 住居費
30,515円
光熱費
0円
 外食費
16,258円
 食品費
6,208円
 交信費
14,228円
ファッション費
0円
 趣味・遊興費
22,425円
 交通費
71,081円
 雑用品費
980円
 交際費
10,300円
 その他
18,870円
合計:190,865円

2010年2月28日(sun)

ども。起きて実家で諸々片付けとかをやる。3/14のイベントの告知をする。スーパーで食材を買い込みに行く。イタリア帰りの妹夫妻が来るらしい。鉄板焼きの準備をする。来ていろいろ話す。対して危険な目にも遭わず楽しい旅だったらしい。よかった。よかった。と彼氏のゆたかっちの様子がおかしい。飲み過ぎたのか?すると突如「お話があります!」ときた!「ヒカルさんと結婚します!」と続ける。イタリアでプロポーズをしたらしいのだ。同棲して早3年。いいタイミングなのだろう。カタルーニャだかなんだか大聖堂でプロポーズらしいのよ。妹は「冷静と情熱の間」に影響を受けまくったとの事。いや面白いなー。ドラマ見てるみたい。こういう場面ホントにあるんだって。親父も笑っちゃってるし。家族全員でこちらこそお願いします!って。予定調和。10分後に2Fに上がり細胞学者の情熱大陸を見にいく。いや、ゆたかっちはいい奴だからよかった。絡みやすいし、横山やすしにちょっと似てるのよ。9/7に入籍予定。妹に先を越されるのは癪だが、しゃーない。こーなったら半年の間にスピード婚しちゃうかぁ。誰と?
ってな感じで2ヶ月間お付き合い頂きありがとうございました。いや面白かったですよ。不特定多数に対する日記のアウトプット。ムダな消費は確実に前よりは減りましたし、経済学を勉強したくなるきっかけにもなりました。これを読んでる人は自分より若い人が多いはず。息苦しい世の中でこのオッサンの生活アホやなー!と反面教師にして笑い飛ばして頂ければこれ即ち本望でございます。

本日の支出
  • 合計:0円


2010年2月27日(sat)

ども。起きて12時くらい。相変わらず起きたらリビング。僕の部屋は中国に行っている間にナイナーというドイツ人が住んでいた。Aちゃんの部屋も充電器を借りようとしたら、ヒルトてオランダ人翻訳家のおじさんが病院のベッドかのごとく寝ていた。2週間の間に目まぐるしく状況が変わっている。今何人住んでんだ一体?笑 サビくんに誘われ新田中に寿司を食べに行く。帰ってきて鹿肉食べて、寿司って超贅沢な流れ。やっぱり帰ってきてよかったなぁ。としみじみ思ふ。バイト先に電話すると今日ありますよ!と言われる。早速行ってみる。リビングに掃除機を掛けて渋谷へ出かける。アンケート調査の超ラクチンな仕事。citibank行ったり、ビックカメラで電子辞書見たりして帰る。都立大に帰るとコーキさんの抜け殻がある。あっ!帰ってきたんだ。すれ違い様にAビちゃんが黒魔術っぽい格好で、ラーメン片手にとててっと2Fに上がってしまった。と気づくとリビングの空気がググっと重い。とてもじゃないけど居れない。抜け殻でこのオーラだ。案の定どんどん体調が悪くなる 笑。これはもしや存在感の覇者岡山ケースケも接近してるに違いない。浅野忠信をしてあんなイカした奴見た事ねぇ!と言わしめた人物だ。また失神者が出るに違いない。脱出に成功し、実家に帰り寝るーな一日。

本日の支出
  • 寿司15カン(新田中/都立大)
    1,260円

  • 7ビール(セブンイレブン/糀谷)
    380円

  • 合計:1,640円


2010年2月26日(fri)

ども。やっと北京に着いた。たった一週間ぶりなのに懐かしい感じ。7時半くらい。地下鉄を乗り継ぎ首都空港へ。11:15の出発なので時間がない。9時には空港へ着きたい。最初バタバタするかなと心配してたが、これは余裕で着いた。空港もわかりやすい。バーガーキングで時間を潰し、あっちゅーまに成田へ着く。しかし成田からが遠いい。乗り換えこそないものの遅く感じる。途中ソフトバンクショップへ寄りやっと実家に着いた!昨日の21時からの移動開始で19時に着いたので丸一日くらい移動し続けている。さすがに疲れた。少しゆっくりして都立大のギャリさん、船山シェフ晩餐会に行こうと思うも寝てしまった。起きて23時。ぼんやりした頭でタクシーに乗り蒲田駅へ。蒲田〜都立大へ多摩川線、東横線と乗り継ぐ。途中豊次郎商店でワインを買う。行くとまだ全然始まったばかりといった雰囲気。知らない人もちらほらいる。相変わらずサビくんが泥酔している 笑。料理が次から次と出てくる。鹿肉がウマいっ!また食べ続ける。メールだけでやり取りしてたN矢さんに会う。なんだか不思議な感じ。こち亀の両さんとラサール石井の声を一致させるのに時間が掛かる感じと言いましょうか。この消費生活で曝け出した駄文で自分の生活と思考回路を冷静に見てきた人だ。気恥ずかしくなり、酒をかっくらう。相変わらずサニーに突っ込まれたりして、気づくと朝8時ーな一日。

本日の支出
  • softbank(大鳥居)
    14,228円

  • burger king(北京国際空港)
    400円

  • 白ワイン(豊治郎商店)
    900円

  • 京急線(成田〜大鳥居)
    1,120円

  • 合計:16,648円


2010年2月25日(thu)

ども。今日は朝から忙しい。最後の日だ。小雨の降る中、万博会場予定地へ。ドでかい建築物があちこちに。いやかなり面白そうですよ!上海万博。雨も降っているし、中には入れずすんなり諦める。上海科学技術館へ。ジャングルがあったり、何故かニセ動物園があったり値段が張るだけあって見応えがある。別料金を払いIMAXで草原物語を観る。初IMAXに感動するも10分で寝てしまった。駅までの帰り道で謎のちっちゃいiphoneを売られそうになる。ネタになるかなと思うも5000yenは高い。またギャラリー巡り。雨が強くなってきた。冷やし中華みたいのを食べる。
預園周辺でお土産漁り。あまりいいものがない。近くのスーパーへ行く。紹興酒などを買い込む。
ホテルへ戻るとゼンがいた。大学教授のリチャードもいる。この人はタバコの火持ってねぇか?と言ってはうろうろしている。最後の晩餐。酒を餞別だと言って奢ってくれた。しみじみ呑んでいるとHライさんも帰ってきた。あぁ帰りたくないなぁぁ。気づくとヤバい時間になっている。急いでタクシーに乗り込み上海駅へ向かう。タクシーの運転手と大喧嘩。全然違う所に連れて行かれそうになる。「お前わかったって言ったべや!」「上海駅て何度も言ったろ!」クラクラする。最後で乗り遅れたってオチは嫌だ。なんとか駅に着く。ダッシュでホームに向かうも、タカが迷ったのもわかる。全然どこ行くかがわからない。人に聞くも、皆違う事を言うんですよ。どゆ事??時間がない。なんとか電車を見つけて、滑り込みセーフ。よかった間に合って。でも帰りたくないんじゃなかったんかい!って 笑。今回ケチってベッドじゃなくてシート席。10時間は長いなぁ。タカは南米で60時間連続でバスに乗って、自分の尻が尻じゃない不思議な感覚に襲われたそうだ。10時間なんて超ヨユーだよ!と言っていたが一時間でもう辛い。寝台に潜り込み勝手にベッドで寝る。途中で乗ってきた中国人にこれは俺のベッドだと起こされる。仕方なく?シートに戻る。寝返りを何度も打ち、無理くり寝るーな一日。

本日の支出
  • チケット(上海科学技術館)
    780円

  • IMAX(上海科学技術館)
    380円

  • お土産(スーパー/大世界)
    2,000円

  • 地下鉄、タクシー(ぐるぐる)
    500円

  • 宿泊費(ming tao hotel)
    550円

  • 合計:4,210円


2010年2月24日(wed)

ども。今日は起きてギャラリーを観て回る一日。もともとはアバターの海賊版をMr.ゼンと買いに行く約束をしていたのだが、昨日の夜Tとskypeで口論してしまい仲直りした後、朝まで色々話し込んでしまったのだ。寝過ごしてしまった。川沿いのcreekギャラリーへ行くも取り壊しっぽくやっていない。諦めて莫干山路にあるm50ギャラリーへ。ここは倉庫街一帯をアートセンターに改築している。かっこいい。インスタレーションとかも北京で観たのより全然好きなのが多かった。ピコピコしたのとか、フザけたセンスが散らばっている。気づいたら5時間ぐらいいてしまった。シェちゃんとその後、シァチャンホェ駅で待ち合わせ。ご飯を食べに行く事にする。春節明けで仕事が忙しかったらしい。ブーブー言ってくるので無視する。上海ガニは時期が違うらしく食べられず。進展はなし。電車に乗り地元の駅まで送りお別れする。次にいつ逢えるかわかんないと思うと、泣きそうになってしまった。悟られないように踵を返し、電車の中で色々な出来事を思い返す。次に逢った時には中国語を上達させてビックリさせてやろう。駅を出ると雨が珍しく降っているーな一日。

本日の支出
  • 宿泊費(ming tao hotel)
    550円

  • カフェ(m50gellery)
    300円

  • バス、電車(ぐるぐる)
    200円

  • さっぱり系(シァチャンホェ周辺)
    1,270円

  • 合計:2,320円


2010年2月23日(tue)

ども。昨日の続き。そのまま朝飯を食べに行く。ここは近いし、ビュッフェ形式で安い。お粥とかを食べる。タカが11時に出発するべく、荷造りをするというので、見送るまでの間サイバー大学の学生ゼンと散歩する。この人は貧乏版高城剛みたいな人。フリーのプログラマでパソコン一つで世界中を飛び回っている。彼のオフィスを見せてもらいに行く。カード会社のサービスをフル活用している。全身ジャージにリュックのスタイルで六本木ヒルズみたいなオフィスビルにキョトンとしている受付嬢にカードを見せながら「ニーハオマー!」とか言いながらズカズカと入り込んで行く 笑。うわぁ、訳わかんねぇ!って状況を目の当たりにする。「ヤバいやろ!」と言ってくる。シェアオフィスみたいなもんで、そのチャンネルのカードがあれば世界中に共通で使えるオフィスが点在してるらしいのだ。東京にも赤坂など何カ所もある。36Fにあるこのオフィスはシャワーもあるし、眺めがいい。テントで野宿しよーが、5つ星ホテルのトイレで寝よーが、ここに来ればいい環境で仕事できんのよ。実際彼の生活を見る限り、全然生活費が掛かってない。こういうギャグみたいな生き方をしてる人に会いたくてわざわざ旅行にきた。完全にトバされた。その後JTBセンターで情報収集。ここでもその活用法を教えてもらう。タカを見送りに行く時間だがホテルに戻ると間に合わない。列車の時間を頼りに一か八かサプライズしにタクシーで上海駅へ向かう。時間的にはギリギリだ。駅員に猛烈な勢いで話しかけ、怒られながら駅のホームへ。二人で手分けして探すも見つからない。でもなんとなく会える気がしてた。諦めムードで帰ろうとしたその時、階段の上からドタドタと走ってくる見た事のある顔が!お前らしいなぁと笑い合う。旅っぽい瞬間だなぁ。駅員が早よ乗れ!と促す。ほんとギリギリ。みんな30前後だが少年の感覚に戻っていた。それからホテルに帰り、クタクタで昼寝をする。18時に起きてゼンと朝行った食堂で諸々食材をテイクアウトする。その後近くのフットマッサージに行ってみる。ここがヤバくて友達んち感覚。えっ、ここでやんの!って。ここお前んちじゃん!しかも汚っい。テレビ見ながら片手間に足を揉みしだかれる。しかし不思議と落ち着くのだ。入れ替わり立ち代わりいろんな人間が部屋を行き来している。廊下では麻雀をやっている。兄ちゃんみたいのが隣りのソファでみかんを食べたり、おかきみたいのを食うか?って勧めてくるの。犬も近寄ってくる。あんなにフランクな仕事場を初めてみたかも。兄ちゃんいよいよ横のソファで爪を切りだしたしね 笑。1時間ちょいで50元。状況はもとより足が軽くなった。かなり気に入ってしまった。また行こーっとな一日。

本日の支出
  • 宿泊費(ming tao hotel)
    550円

  • フットマッサージ(大世界近く)
    670円

  • タクシー、バス、地下鉄(ぐるぐる)
    300円

  • 朝食、粥
    100円

  • 合計:1,620円


2010年2月22日(mon)

ども。今日はホテルを変えるべく、人民広場近くのmingtaoホテルへ。荷物を減らすべく防寒具を着てバスに乗るも暑い。。。汗だくになる。上海は春みたいな陽気なのだ。このホテルは最安値なんじゃないかなー。改装中でエアコンが壊れてるとの事で37元(500yenくらい)だ。しかしキレイでオシャレ。客層もバラバラで大学教授から、オシャレ黒人までうようよいろんな人間交差点があります。エアコンも特に気にならない。無線LANが途切れるのがたまにきずなのだ。で更新滞ってますなんて言い訳してみたりして。昨日の鍋会で出会った世界一周中の旅人タカと昼飯のネギラーメンを食べに行く。彼曰く中国の訳分かんなさはインドに次ぐぐらいでこの感じがヒサシブリだと感動している。基本的に人口の多い所は予測不可能な出来事が次々と巻き起こるらしい。自分も大好き!中国。ガンガン車が轢く気で交差点突っ込んできますからね。何度「うぉぅ!」て言った事か。それから北京行きの列車の予約をしたりする。でなんだかんだ夕方になり、静安寺駅でシェちゃんと待ち合わせ。ここら辺は丸の内っぽい雰囲気でウィンドウショッピングをしてみる。ブランドショップが数多く軒を連ねるが嫌いらしい。途中で小龍包を食べバンドエリアへ向かうべく電車に乗る。河岸をお散歩し、デザートを食べる。その後テレビ塔か東方明珠(上海ヒルズ)に上ろうか迷うもヤメる。バスに乗るも、やっぱ夜景みたいと手を取りすぐに降りる。グランドハイアット88Fの世界で一番高い所にあると言われるバーへ柄にも無く行ってみる。初めて見たかも三角形のカクテルグラス。後はドラゴンボールとかに出てくる骨付きの通称「あの肉」が見たい!空間が課長島耕作に出てくる世界。僕みたいな田舎もんは落ち着かないのよ。あぁ、つぼ八のすだちサワーが恋しい。しかも外が霧でガスってて夜景が見えない。意味ないじゃん!と言われ凹む僕。でもねテレビ塔も、上海ヒルズも上るだけでここのバーと同じ金額かかるのよ。だったら飲める分得じゃん!て貧乏根性が見透かされてたのかもね。バスが疲れたのでシェちゃんを送り、タクシーでホテルへ帰る。超ベタ〜なデートを旅行に託つけてしてみました。今考えると赤面もの。旅の恥はかき捨てなのでしゃーない。ホテルへ帰ると、タカ、上海で就活中のアジキくんが飲んでいる。アジキくんが寝てしまい、タカと意気投合して朝まで語りあってしまった。イースター島は案外普通との事。前に行ったエジプト旅行中にも世界一周中のヤスと仲良くなった。自分の中で名古屋人は世界一周者が多い。キャラも凄く似ていて懐かしい感じだ。中国にいるってヒサシブリにメールしてみようかな。あぁ外が明るいなぁーな一日。

本日の支出
  • 宿泊費(mingtao hotel)
    550円

  • 小龍包等(静安寺近く)
    600円

  • デザート(バンドエリア)
    600円

  • 飲み代(grand hyatt/バンドエリア)
    1,800円

  • ネギラーメン(大世界周辺)
    100円

  • バス、地下鉄、タクシー(ぐるぐる)
    500円

  • 合計:4,150円


2010年2月21日(sun)

ども。今日はデートだ。しかし睡眠不足。朝起きてヒゲを剃り身支度して69番のバスを乗る。時間的にはちと早い。サンゲントァ公園前のスターバックスで待ち合わせ。バックレられたらキツいなーと不安を抱きつつもちゃんと来てくれたので抱きつく。まずは貿易センターの書店へ行くも本は高くて買えず。シェちゃんはシリコンウェーハの日系企業に勤める松本清張好き。理系でド渋なセンスしてるのに惹かれまして。不動産屋の物件を内見しに行く。初デートで不動産の内見は展開早いでしょ 笑。軽く引かれる。いや旅行じゃなくてこっち住む下見で来てっからと。3件程普通、オシャレ、広い部屋と順に見てみる。こっちでいう団地で2万もあればそこそこ広くて立地もいいとこに住める。4万も出せばシェア出来てもっと広く住める。基本的に3ヶ月分の敷金が必要。家具もついてる。僕と同タイミングでコーキさんが帰ってくる。オブスキュアに払ってる家賃をそっくり移せば、都立大が上海になるだけだ。なんか知らないけど、貧乏人が日本に住みながら上海に家借りてるとかってねぇ。それからご飯を食べに行く。カボチャの前菜が冷たくておいしい。それからベタな観光スポット預園へ。東京でいう浅草みたいな場所ですかねぇ。預園のまわりは中国人でごった返している。が、30元の入場料がかかるので中に入ると外人ばかりがちらほらといる程度。中は守られてるが預園の周りは金を巻き上げようとサメみたいなのがうようよしている。それから散歩してシェちゃんはジムに行くと帰り、僕は一旦ホテルに帰ることにする。それからHライさんから誘われていた鍋会に参加するべく人民広場へ。重慶料理の鍋屋。6人ぐらいで挨拶もそこそこに食べ始める。これもおいしいのだよ。相当食べて、飲んで一人33元とか。日本だったら5000yenとか。食費で言えば十分の一の物価ですね。バスに乗りホテルに帰るーな一日。

本日の支出
  • 宿泊費(le tour hotel/カオヤンルー)
    650円

  • 昼食(仙霞路)(×2)
    1,020円

  • 入場料(預園)(×2)
    800円

  • 火鍋(大世界駅近く)(ワリカン)
    500円

  • 地下鉄+バス(縦横無尽)
    200円

  • 合計:3,170円


2010年2月20日(sat)

ども。今日は起きて何してたかな。あんま覚えてない。そうだ。起きてクラブ活動しに行きました。常熟路駅へ向かう。午前9時。日本人のDJがゲストで来ていると聞いて、上海クラブシーンの情報収集に行きたかったのだが、昨日は体調悪く早々に寝てしまったのだ。なにげにHIPHOPベテランDJのTA-SHIとかが上海来ているみたい。2002年頃からはシンニシムラが当時一からテクノシーンを作っていると聞いていて興味を持っていた。昼までやっていてドロドロだと噂のdragon club(名前ダサっ!)へ。行くとハウスの箱だと聞いていたが、結構ゴリゴリのヒップホップがかかっている。てか黒人しかいない 笑。店員に持っていた水を「フンッ」って言いながら取り上げられる。外は朗らかないい天気だったので、ドアを開けた中との黒いギャップが凄い。少し聞いて朝からヒップホップが重たかったのでお散歩して気分をフラットにする。バスに乗り人民広場の都市計画博物館へ。上海のこれからの構想や万博の意気込みがガリガリと伝わってくる。中でも世界最大と言われる都市模型は圧巻。かなり広い1フロア全部を模型で埋め尽くしてやがんのよ。上海の自分が好きな要素として、シリアス過ぎて3回転半したバカっぽさがいい感じ。ホテルに戻る途中でニュウロウ麺を汚い小屋?で食す。うまかった!北京〜これまでご飯でハズす事は一度もなかった。日本人の口に合うのかマズいものがない!って断言できるかも。ホテルに戻りいろいろ雑用やってHライさんから聞いたカルフールに行きたくなり、中山公園駅へ。デパートがまたデカ過ぎ。米系資本のアパレルがこれでもか!とハバを効かせている。向かいにある紀伊国屋みたいなデカい本屋の日本語勉強コーナーで王(ワン)くんと出会う。明日のデートの段取りを教えてもらう。この人ももの凄くいい人。基本的にこっちで出会った人が感動的に親切な人が多い!嫌な奴は一人も出会っていないかも。東京は困ってる人がいても見て見ぬフリか、無視するよーなのがほとんどでしょ。言葉わかるのにもかかわらずですよ。ケータイ貸してください!なんて言おうもんなら怪訝な顔されて「あーん?」て言われますからね。それから戻ってHライさんと夕ご飯に。またも小龍包、ワンタン、カレー炒飯を無理して完食。朝のリベンジでクラブに行こうと思い、電車に乗るも途中で終電を逃す。5駅分くらい腹ごなしを兼ねて歩く事にする。途中で迷いバイク警官集団に道を聞く。送ってくれ!と言うもダメだった。しかし5分後歩いているとパルルルルとバイクが横付け。乗れ!と合図してくる。なんていい警官だ。5分の間のこの人の葛藤が優しさを物語っている。わかりやすい大通りまで乗っけてくれた。さらに一時間半歩いて道を聞くもまだ遠いわよ!と言われもう2時前でいい加減タクシーに乗る。出発して3時間後着くもやっていない。営業停止を食らっている佇まい。ガーン。
またタクシーに乗って帰り、足が棒のようなーな一日。

本日の支出
  • 宿泊費(le tour hotel/カオヤンルー)
    680円

  • 地下鉄+バス
    90円

  • カレー炒飯(カオヤンルー)
    200円

  • 都市計画博物館(新世界周辺)
    390円

  • ニューロー麺
    70円

  • 合計:1,430円


2010年2月19日(fri)

ども。今日は起きたら電車の中。上海に着いた!上海駅は早速人が多い。トキくんに紹介してもらったホテルに行くべく地下鉄4号線に乗り漕揚路駅へ。聞いていた話の通りいい感じのホテルだ。NTTの特許部で働くHライさんに出会い、この人がとても親切で色々教えてもらう。荷物を置きゆっくりしてHライさん、大連の大学に留学しているコスモくんと近所の定食屋へ。相変わらず量が多い。食べきれず。。。ホテルへ戻って本を買いに古北路と仙霞路のぶつかるあたりへ69番のバス乗って移動する。降りてウロウロし、道を聞いた上海っ子のシェちゃんと出会う。ワールドトレードセンターの本屋を教えてもらうも春節でお休み。疲れがたまっていたのか風邪っぽい。病院まで案内してくれる。明後日にデートする約束をとりつけ、シェちゃんはジムに行き僕はまた街をブラつく。やっぱりボーッとするのでタクシーで保険証を取りに帰り、また病院へ。軽い風邪と診断される。北京は−10℃くらいで寒かったのでむりもない。多少歩いてバスでホテルへ帰る。家賃を振込、3月後半に住人+αの大所帯で行くボルネオ島2010記念のチケット振込、諸々メール、skypeをすると都立大のオブスキュア住人+αがパーティーをやっていた。騒がしく声が聞こえない。懐かしい感じだ。暖かくして寝るーな一日。

本日の支出
  • 宿泊費(カオヤンルー)
    685円

  • coffee(beans coffee/古単路)
    300円

  • 牛肉飯+α(漕路)(ワリカン)
    250円

  • バス+地下鉄(4回ぐらい)
    100円

  • 家賃(都立大)
    23,000円

  • ボルネオ島行きチケット(HIS)
    29,750円

  • 合計:54,085円


2010年2月18日(thu)

ども。今日は上海行きの日。北京最終。起きてトキくん、イノウエくんと最後の朝飯を食べに行く。自分は牛肉麺、トキくんじゃじゃ麺、イノウエくんがもつ煮を食べる。トキくんが万里の長城へ行くらしい。自分も行こうと思ってたのに行ってないなー。とっても寒いらしいのでまぁいっか。イノウエくんがコウンをしたいとホテルに突然帰る。自分も出発のためホテルに帰る。おかしいくらい出てこない。荷物があるのでいるはずだ。20分ぐらい待ってトイレから出てきて開口一番「いやー流れないっす!」聞くと3日も便秘が続いていたらしく、ドでかいのを産み落としてテンパっている。それから前門駅まで一緒に行ってお別れ。奴は魯迅が好きらしく魯迅博物館へ。僕は昨日行けなかった北京の現代美術を探りに798芸術地区へ。東〜駅を降りてバス移動。バスで同じ目的地に行くいい感じの青年に出会い行動を共にする。798へ行くも常設展示はしてあるのだが、ほとんどは春節でお休み。ここは大規模工場跡を巨大なギャラリーにしている。日本でいう横浜BankArtみたいな感じ。なかなか面白かった。更に近くのギャラリーへ行こうと思うも迷う。バスは難しいし、タクシーも説明の仕方がわからん。ドーナツ食べて適当なバスに乗ると北京オリンピック体育館(鳥の巣)へ着く。よくもまぁこんな建築物を創ったもんだ。北京はやり過ぎなものが多い。バスが限界なので地下鉄に乗る。北京を去る前にしゃぶしゃぶのリベンジをしに西単へ。店員が覚えていて、あんたももの好きねぇと笑われる。が、今日の俺は前の俺とは違う。だいぶ中国語に慣れてきたのかメニューに書いてある事もなんとなくわかるようになってきた。頼み方もスマートで店員がビックリしている。麻辣スープを避け、普通のスープに。横に余計なお世話をしてくる中国人をガードするため服でブロックする。旨い!こんなにも軽やかに自分は今北京しゃぶしゃぶの大海原を泳いでいる。頼んだ量も絶妙で満腹の黄金比と呼ばれる腹9.35分目を体験する。これはランナーズハイ、文学で言う則天去私の境地だ。いい感じで前門に帰る。けたたましく鳴る花火が叙情的に北京最後の夜を盛り上げている。いろいろな感慨に浸りながら寝台車の待つ北京南駅へ。ここは空港かと見紛うくらいキレイで大きい駅だ。さしたる問題も無くすぐに眠りに着き、起きたら上海だーな一日。

本日の支出
  • バス
    48円

  • 地下鉄
    78円

  • 牛肉麺(前門)
    108円

  • ドーナツ(?)
    320円

  • 石けん(前門)
    100円

  • 火鍋(西単)
    600円

  • 合計:1,254円


2010年2月17日(wed)

ども。今日は8:30起床でイノウエくんと毛沢東のミイラを観に行く事にする。ホテルは前門にあるので天安門から徒歩10分ぐらい。行く途中の地下道で早速警備中のライフル持った警察がおい!コリア!おい!とイノウエくんを怒鳴りつける。へ?何してんの?見るともの凄い剣幕でイノウエくんを睨みつけながら敬礼をしている。真似をしろと促す。イノウエくんが直立してビシッと敬礼をしている、笑。でた!イノウエマジック。すると行ってよし!と合図される。何アイツ!意味わかんない。恐い。だから中国嫌だ帰る!と震えている。タチの悪い奴で暇つぶしにあてられたんだよ。と理解する。すると10分後「あっ!思い出した!アイツ昨日からかった警察ですよ!」と言ってくる。「・・・。」やめなよ、命の価値が低い国なんだからさー。あんまりナメてると余裕であいつら撃ってきかねないよ。ねちっこく覚えてた、怖い。と突然上着を脱ぎ捨てながら、人の帽子を「被ってもいいスか?」と奪い今更変装し始める。トラブルメーカーが二人揃って厳重警備されている場所に行く。嫌な予感がする。着くともの凄い長蛇の列。先が見えない。毛沢東の影響力は日本人には計り知れない。一時間ちょいも辛抱強く並ぶ。中に入るときれいに冷凍保存された毛沢東がいた。イノウエくんが「こんな並んでオッサン見て何になるんですかねぇ」と言ってくる。「お前もだろ!」とツッコミたくなるも、意外に中国人もよくわかってないで並んでるのかもしれない。実際何万人も並んでいたが賢そうなのは一人もいなかった。うさぎとかパンダの被り物した人とかばかりで、これから偉人を崇めにいくとはとても思えない。戻って銀行寄ったりして、四川料理屋に朝ご飯を食べに行く。これも辛いが旨い。それから戻ってイノウエくんは動物園へパンダを観に行き、僕は電車の予約をしたり、金を両替したり別行動。途中で鳥を操るじいちゃんを見かける。鳥を投げては手に戻ってこさせるという行為を繰り返している。大山子地区のアートセンターに行こうと思うも迷う、辿り着けず。自分がどこにいるかもわからなくなる。なんとかバスを乗り継いで帰る。またイノウエくんと合流し、近くの四川火鍋を食いにいく。この男は意味もなく頼みまくり、またも食べ方指南をした挙げ句、早くもギブアップしている。更にヒドいのが戻ってビリヤードやりましょう!と言ってきてやり方を教えてくるもルール全然わかっていない上に、次々と自己流のビリヤードを編み出し始めている。得意げに説明してくるも空振りをしまくる。なんなのもう。ホテル中の人に絡んでは気まずくなってるし。ハードウェアがエスパー伊藤でソフトウェアにギャル男がインストールされているというギャップの持ち主でもあります。会わせたいですよ、ホントにヒドいからーな一日。

本日の支出
  • 宿泊費(leohotel/前門)
    650円

  • 四川風火鍋(前門)(87元)
    1,000円

  • 地下鉄
    52円

  • バス(1元)
    13円

  • 寝台車(soft sleeper)(北京南〜上海)(685元)
    9,000円

  • espresso(tao cofee/三里屯)(8元)
    104円

  • 麻辣豆腐(四川料理/前門)
    200円

  • 合計:11,019円


2010年2月16日(tue)

ども。今日は起きて同じ部屋のトキくんと行動をともにする。とりあえず朝メシでも食いに行きますか!って。春節で街をブラつくもあまりやっていない。とりあえず入った店で餃子と粥を食す。それから今日の宿を探し移動。王府井(銀座みたいなん)のhotelに行くも地下4階の独房チックに案内されて70元、二人でこれじゃなぁと顔を見合わす。歩いて天安門の前門近くまで歩く事にする。leo hotelへ。なかなかいい。ここにすんべと荷物を下ろす。チャリを借り電車の予約をしに北京駅へ向かう。予約が面倒くさくなり三里屯へ。途中見つけた屋台街をうろつく。クレープみたいのを頼むとボッタくられてブチギレる。俺のホテルが50元でこんなのが45元の訳ねーべや!キャベツの千切りをブーっとやる。ふと冷静になり、日本円で考えると300yenやそこらの話。ポケットに入っていた軍手をあげてにこやかに後を去る。ホテルに戻り日本人がいたので北京ダックを食べに行く事になる。一緒に行ったおっさんの旅行自慢話が始まる。嫌な感じだなぁと思ってたのが的中する。行ってる場所はコスタリカとかレアなのに対して話が面白くない。オチの無い武勇伝程聞いていて退屈なものはないでしょ。しょーもなと聞き流す。ホテルに戻りイノウエくんと合流する。この男がだいぶイカレてて、エスパー伊藤の様な風貌で根拠の無い事をまくしたてるのだ。「楽しみましょーよ!」が口癖なの。だいぶヤバいでしょ。で、中庭に連れて行かれたと思ったら、いきなりバーッてヒマワリの種をバラまき出して、食べ方のレクチャーをし始めたり。通りがかる人にも何語かわからない言葉でやたらめったら話かけるの。「where come from?」も真顔で日本語と英語の文法の違いから教えてきた!疑問詩は前に出すんですよ、とかって。わかるよそんぐらい、笑。しかしここは3日目にして到達したアングラホテルで、顔に十字架の入れ墨をした韓国人やサウスアフリカから来た女の子。ギークな感じの人が多く、みんなスカイプやメールをするでもなく訳の分からないサイトを見ていたりするのだ。中でもイノウエくんは別格に引かれている。アダムスファミリーみたいなホテルっす。で怖くなって寝るーな一日。

本日の支出
  • 宿泊費(leohotel/前門)(50元)
    700円

  • 北京ダック(?/前門)
    500円

  • レンタサイクル(leo hotel)
    130円

  • クレープ?(屋台)
    390円

  • 地下鉄(粥自忠〜王府井)
    30円

  • お粥+餃子(?/粥自忠周辺)
    160円

  • 合計:1,910円


2010年2月15日(mon)

ども。起きてK澤さん、ソウさんと待ち合わせしてyui an menへ行く。ソウさんの機嫌が悪い。車が春節で渋滞していたらしい。いきなり口をきいてくれなくなる。K澤さんがチャイニーズジョークで機嫌を取る。一人で先に歩き出す。基本的にもの凄く世話焼きのいい人なのだが、中国人らしい片鱗を覗かせる。付き合い方の距離を少し考える。電車の中で演説をしている人がいる。昨日は凄い顔(ドキンちゃん)の赤ちゃんを見せつけお金をせびってくる人がいた。中国は電車内をビジネスチャンスの場と勘違いしている人が多数いる。yui an menに着くとお祭りらしい雰囲気。いろいろ出し物をやっている。しかし人が多い。バーっと見て山を越え東門へ向かう。湖が凍っていて多数の人が行く当てもなく氷上を彷徨っている。自分も歩きたいがヘドロの匂いがキツく諦める。バスがとんでもない人でごった返しているのでタクシーに乗り、近くの駅へ。予約したホテルのある粥自忠路へ。予約が入ってないとコカれる。今日は満室ですと。いやいや疲れてるんだから勘弁してよ。ソウさんに助けてもらいながら、丁々発止のやり取りをし、5人部屋にキャンセルが出たと言われる。荷物を置いて電車に乗り屯単駅で夫妻と別れ、西単駅へしゃぶしゃぶを食べに行く。ローカルすぎてメニューが読めず、頼み方が全くわからない。適当に指を指し持ってきてもらう。隣りの中国人が笑顔で自分のゴマだれに俺のやり方を見習えとばかりに辣油みたいのをじゃぶじゃぶ入れてくる。おいおい!旨いが辛い、熱い、量が多いの三十苦。ひたすらビールでごまかすも辛い。3杯飲んだあたりで前後不覚になってしまった。顔じゅう汗で前が見えなくなるし、息もできない。不覚にもしゃぶしゃぶ屋の一角で溺れてしまった。最初に気になっていた女の子二人組がちらちらとこっちを見ている。ふらふらと店を出て駅へ辿り着く。券売機の裏に隠れる等の奇行を繰り返す。ハッと記憶が戻ると警察官5人に囲まれている。何をしてしまったんだろう?服は着ている。なんだかよくわからないが、水をくれと言ったら釈放してくれた。ハーハー言いながらホテルに戻り、ベッドに倒れ込み寝るーな中国にヤラレっぱなしな一日。

本日の支出
  • 宿泊費(9dragonhotel)(50元)
    650円

  • 電車賃(粥自忠路〜西単)(2元)
    30円

  • しゃぶしゃぶ(?/西単)(41元)
    520円

  • 担々麺(yui an men)
    150円

  • 合計:1,350円


2010年2月14日(sun)

ども。今日はバレンタインデーと元旦が中国では重なる日。けたたましく爆竹が鳴っている。と同時に花束を抱えた男子がうろちょろしている。今回の旅行の目的はバレンタインデーを逃亡する事にある。食べきれないし、お返し大変!とか言っとく。起きて7種類ぐらいの豆をひたすら食わされ中国茶を飲む。シャワーを浴び床上浸水をしでかす。中国では匂いが上がってくるため排水溝に栓をするらしいのだ。それに気づかずフンフン言いながらシャワーを浴びているとドアがドンドンドン!と鳴り「Kスケくん!」と叫び声が聞こえる。K澤さんが「蓋を外して〜!」と言ってくる。そのまま全裸で飛び出しみんなで床掃除。気まずい。床の木が剥がれている。K澤さんが笑っている。朝から昨日の残りの料理を食べお散歩へ連れてってもらう。寒い。ー5°くらい。GUOMAO〜王府井(銀座みたいなとこ)へ。人が全然いない。さらに地下鉄のってみっか?と言われ天安門広場へ。よく見る毛沢東の壁がある。人が多いだけでさして興味はない。会話に挟んでくるチャイニーズギャグを受け流す。戻ってまたお茶を飲みソウさんとホテルを探しに行く。タクシーに乗って北京オリンピック広場近くのホテルへ行くも、若者が多く疲れる。もう一つの候補のビジネスホテルへ。再開発地域で落ち着いている。チェックインし、バスに乗って鶴岡八幡宮的なとこで人の奥さんと初詣をするも、時間が遅く入れず。別れホテルに一旦戻る。一服しタクシーに乗って三里屯(六本木みたいなとこ)へ。よーやくの一人旅。何気に気ぃ使ってる訳ですよ。クラブへ行くもあまり人がいない。大飯店へ行ってあれこれ頼み残しちゃいけないと食べ過ぎる。ピータン、餃子、じゃじゃ麺がいちいちもの凄い量で500yenくらい。腹ごなしにホテルまでひたすら歩く。途中道を聞いたスーくんがいい人で心配なのか寒い中ずーっとついてきてくれる。英語が通じないので、つたない中国語でバレンタインの愚痴をたれ、おメェーも女が好きなんケ!くらいの会話を交わす。彼はなかなかの好青年でいっぱい花をあげたりしている。じゃあなんで見ず知らずの日本人をこんな夜中に送っているのだろう。ホテルに着いて別れ、再開発地区の北斗の拳の様な風景に彼が消えていった。どこに彼は帰るのだろう?意外にゴーレムとは彼のような人のよい大学生風を装ってるのかもしれないななんて思う中国の夜ーな一日。

本日の支出
  • taxi(北京市内ぐるぐる)(40元)
    550円

  • 地下鉄(guomao〜天安門東)(2元)
    30円

  • 菜中大飯店(三里屯)(41元)
    550円

  • yee hotel(?)(98元)
    1,300円

  • 合計:2,430円


2010年2月13日(sat)

ども。今日は起きてウダウダしてたら結構いい時間になってしまった。10分で荷造りを終わらす。2週間だし、荷物つってもカメラないし服とPCくらいしかないからねぇ。で、小雨が降る中大鳥居駅へ歩く。成田に着くが遠いぃなぁ。空港で時間が余ったので保険入ったり、両替したり雑用をして時間を潰す。搭乗時刻ギリギリで乗ると、席がいっぱいとの事でビジネスクラスに促される。やたっ!残り物には福があるってやつですね。エコノミーのしんどそうな顔を見て優越感に浸る。えぇ性格悪いですけど、何か文句あるのんか。途中隣りのオッサン(前田武彦似)に時間を聞くと、それを皮切りにマシンガントークしてくる。お前、おもしれーな!今日は家族でお祝いすっからうち泊まれや、と言ってくる。はぁ、ホテルを予約しているんですが、と返すもそんなの俺がキャンセルしてやるよ。早くもまた巻き込まれ人生が始まっている。その背後の窓からは花火がバンバンあがっている光景が見える。到着して飛行機を出た途端にトンデモなく火薬臭い 笑。まさか臭いで牽制してくるとはね。早くも中国にカマされ、望むところだ。出国手続きを終えK澤さん、迎えにきていた奥さんのソウさんとバスに乗る。いやー実に七年ぶりの海外、テンションあがるなー。バスを降りると早速ソウさんと乗務員がもの凄い剣幕でケンカをしている。意味が全くわからない 笑。聞くと、バス内側の荷物置き場に入れていたバカでかいスーツケースを持ってくのなら乗客全員に確認のため見せろ!と無茶を言っているらしいのだ。バスの中は動けないくらい満員ですよ。それができないなら最後まで乗れ、それか後で取りに来いと言っているらしいのだ。一回帰って荷物だけをそれもこんな夜中に取りに行くバカがどこにいる?じゃあ逆に乗客全員降ろして確認させなさいよ!とやりあっている。まぁソウさんがどう転んでも正論なのだが、理屈で通用しないのが中国らしいのだ。早くも先が思いやられてきた。10分ぐらいやりあい、どーにか荷物を取り出し逃げてタクシー移動。しかし花火の音、匂い、光がけたたましい。戦争中の国かっつーの。本当にハンパじゃないから一見の価値ありますよ。各家庭がそこら中で隅田川級の花火を打ち上げているのだ。K澤邸に着くとちょうど0時。こっちでいう広尾みたいなとこにあるもの凄くいいマンションでビックリする。荷物を置いて早速花火をやるべと下に降りる。おじいさんの花火のつけ方がとても粋で、着火すると背中を向けてのそのそとゆっくり戻ってくる。背後でちゅどーん!て。日本みたいに走ったりしないんです。爆弾みたいな花火なのに怖さが麻痺しているとしか思えない。自分が花火をつけて逃げるといくつ目かで、「ヒュン」っと自分の横を光が通り抜けていき、遥か後方で「ドンッ」と爆発した。頭が真っ白になり、逃げ惑いながら車の後ろにザザーっと転がり込む、一人あぶない刑事状態。心臓がバクバクいっている。巨大花火が間近で爆発してんですよ。去年の死者60人、テレビ局が燃え、ケガ、事故を合わせると何万件にも及ぶイカれた行事だ。大袈裟じゃなく自分も大火傷、下手したら死亡してもおかしくなかった。植え込みがパチパチと燃えている。手分けして消化活動をする。戻って食べきれない程のご馳走を頂き、白酒、燕京ビール等ひたすら飲みっぱで潰されるーな一日。

本日の支出
  • 損保JAPAN(成田空港)
    5,920円

  • 大鳥居〜成田空港(京急〜京成線)
    1,220円

  • 合計:7,140円


2010年2月12日(fri)

ども!今日はむりくり10時に起きてポスティングの研修へ、眠い。てか2週間の旅行の前になんで研修なんか入れてんだ笑。チャリで武蔵小山へ。いろいろ話を聞き、ポスティングポイントの洗足へコーチと電車移動。後ろを歩いて気づいたのだが、この人円形脱毛がハンパじゃないの。訳分かんない人が多くてストレスが大変なんだろうなぁと思いを馳せる。手ほどきを受けながら、チラシを投函していく。へぇ!いろいろコツが必要なんだなぁと感心する。ひたすら洗足の町を練り歩く。12時半〜16時半まで休憩を挟みつつ。4時間で1000枚をフィニッシュ。研修中で一枚一円なので1,000yenの報酬。時給換算すると250yen也よ。まぁBBC聞きながら散歩してるだけだからねぇ。多くを求めてもって話で。自分広告代理店営業、足で稼ぐタイプなのであります!終わってテキトーに報告書を書いて清水湯へ。ヤベっ、中華屋の700yen、銭湯の450yen、コーヒーの100yenで、250yenのマイナスじゃんか。。。清水湯でケーシー高峰似に2人出会う。タオルを持ってきてないのでドライヤーで体を乾かす。銭湯は人間観察力を磨くのに絶好の場所で体にお絵描きをしている人や普段出会えない雑多な人種が数多く存在している。都立大に荷物を取りに帰って実家へ。妹夫妻のひかる、ゆたかっちが来ている。偶然にも明日からイタリアへ2週間行くらしい。「やゃ、お義兄さん!ビールでも」と注がれるので、返す刀で「相変わらず注ぎ方がなってねぇな!」と肩を叩くと顔が引き攣っている。ミラノ在住のサクちゃんを紹介したところ、すっかり仲良くなっていて、なんだか不思議な感じがする。ただサクちゃんはすれ違いでちょうどこの時期2週間日本に帰ってくるという。妹夫妻は僕の予算の5倍!典型的なアリとキリギリス兄妹だからねぇ。旅のプランも対照的でガッチガチと無計画。半日単位でスケジュール全部もう組んでやがる。偉いぞ!妹よ。で、突如風呂に逃げ込み、もう寝るーな一日。

本日の支出
  • なす炒め定食(高らく/洗足)
    700円

  • 銭湯(清水湯/武蔵小山)
    450円

  • boss/black(自販機/西小山)
    100円

  • 合計:1,250円


2010年2月11日(thu)

ども!実家〜都立大へ帰る。パーシモンホールの図書館へ。ネクロノミコンを借りる。帰りにマックに寄る。それから白金高輪のワタリガラスへ社長Tを連れて打ち合わせ。ヒデくんが創作料理、自分が花屋、Tが屋上でリサイクル屋をやる予定。行くと見知らぬ機材がバーッって無造作に置いてある。それも意味わかんないぐらい、いちいちデカい。ヒデくんやり過ぎーっ!って感じがバカっぽくて好き。ジュンさんてここのブッキング兼PA担当の人に出会う。音も立地柄かなり出せる。メニューを見ながらゲラゲラ笑っちゃってるもんね、持ち込んでおきながら。ドラムセットを更に置こうと執拗に説得している。首都高と目黒川に挟まれた屋上に上ると面白い光景。「東京の場末」ってテーマがゴリゴリと伝わってくる。これもムダに広いし、粉塵とかで汚い。強力なプロジェクターもあったので、ここで変態映画の上映会をやりたくなるも、首都高の事故が増えて問題になると思う。散歩後戻ると、ジュンさんがそろそろ帰るわ〜といった10分後、何故かワインが開いて飲み会が始まっている 。何だったんだ、さっきの帰るそぶりは。ワインはあまり飲めないのだがウマい。ジュンさんがjazzの話〜東京ギャングスタ時代の話をしてくれる。どっひゃ〜!てぐらいのトンデモナイ話を平然としてくる。気づいたら4時間ぐらい経っていた。ヒデくんに至っては0時には明日の準備して帰ると言っていたのにもう0時前。自分も21時にBBちゃん、サビくんと中目で飲む約束をしていたのだった。ジュンさんを渋谷まで送り、中目黒へ。一通迷路にハマり、車を何度も切り返したり。着くとみんな酔っぱらい。その後すぐ近くで一軒家をシェアしているシルヴィの家へ押し掛ける。偶然ケイちゃんにヒサシブリの再会。白金高輪に逆戻りしてサビくんSFノンちゃんを送る。車窓からワタリガラスを紹介すると、ヒデくんが掃除しているのが見えた、笑。ノンちゃんがいなくなった途端、都立大へ戻る後部座席でサビくんがBBちゃんを執拗に口説いている。jr.といい関西人ってスゲーなぁ。「顔が近いっちゅーねん!」「大人しくしとき!」と何度も聞こえてくる。残念ながらビンタは見れなかった。帰って2時半くらい。emuが降りてくる。酒を漁って果実酒を飲む。サビくんの行動についてダメ出しと憧れ。本人は鼻にピーナッツを入れられながら、幸せそうな顔でソファで寝ている。またemuと話し込み、外が明るくなって気づいたら7時!ーな一日。

本日の支出
  • 飲み代(slowjam/中目黒)(ワリカン)
    1,000円

  • チキンフィレオセットq(マクドナルド/都立大)
    490円

  • boss/black(自販機/白金)
    120円

  • 合計:1,610円


2010年2月10日(wed)

ども。何の気なしに流れてきたニュースを聞いてビックリした。Nippon Rap Academy開校前に校長が逮捕されてしまった。どーなるんだ?楽しみにしてたのに。刑務所にまず教育実習!てのが本気過ぎて、さすが自分ら世代に直撃な影響を与えた兄貴だなぁと再確認する。今日は武蔵小山にポスティングの登録をしにいく。都立大ダイエット会議にむけていよいよ本気を出さんとて。4/1までに-8kgの目標と、かなりハードル高めで設定してしまったのだ。ダイエット+リスニングの勉強もしたかったし、何より自由度の高さが魅力。今は色々やってみたい事がありすぎる。でも、今日気づいたら中尊寺ゆつこがだいたい自分のやりたい事を先にやっていた事が発覚する。履歴書を必要だと知らなかったので、今履歴書メールで飛ばすんで印刷してください!と面接の最中に突如仕切り出し、5分程登録会を中断させる。隣のおっさんがキョトンとしている。一枚3yenとかで2000枚くらいを都会の忍者と己を化し、手裏剣をチラシに変えポストに投げればいいらしい。「なぁにスーパーマリオみたいなもんですよ、慣れてきてポストを見ればチャリン、チャリーン!と聞こえてきます!」と声を掛けてくる。僕のナリを見て言ってきたとしたら、ハンパない洞察力とコミュニケーション能力だ。不覚にもモチベーションを上げられてしまった。それから虎ノ門の中国国家観光局へ。行くと12時〜13時半までと長い休みを取っている。仕方なくそんなにお腹は空いてないのだが、見かけた刀削麺の店へ行く。ビジネスマンがいっぱいいるが、辛さがなく、山椒も利いてなく旨くない。やはり有楽町のxianが一番旨いかも。まだ時間があるのでtully\'s coffeeへ。その後観光局へ戻る。お姉さんにいろいろ教えてもらい、資料をもらう。帰りに五反田TOC寄ったり、梅屋敷の薬局寄ったりして、小雨が降ってきたので急いで実家に帰るーな一日。

本日の支出
  • 麻辣刀削麺(長安刀削麺/虎ノ門)
    680円

  • アメリカーノ(tully\'s coffee/虎ノ門)
    290円

  • shickクアトロ4チタニウム(ツルハドラッグ/梅屋敷)(カミソリ)
    880円

  • 合計:1,850円


2010年2月9日(tue)

おっす。起きて実家に帰る。うぅ頭がガンガンする。もろもろ調べもん。
スクラップ工場の見学に行き地元の歴史を探る。海苔と町工場の街だったらしい。おっちゃんがいろいろ教えてくれる。総合格闘技のジムに見学に行く。無料で教えてくれるらしい。荒くれ者の猛者どもが右往左往している。臭いが思ったよりキツい。でもダイエット兼ねて明日にでも行こうかな。帰って北京のyoyo hotelをネットで予約する。あまりネットで予約とかやった事なかったんだんですけど、便利!目黒のclaskaみたいなホテルが195元(約2500yen。)いやぁ凄い世の中だ。で、もう寝るーな一日。

本日の支出
  • 7ビール(セブンイレブン/西糀谷)
    380円

  • 合計:380円


2010年2月8日(mon)

ども。今日は実家〜パスポート受け取りに新宿へ。10年ぶりに10年もののパスポートget!朱色が頂けないがカワイイ!思わず周りの目を気にせず頬ずりする。公的書類て免許といい、なんか嬉しいものですよ自分みたいな人間にとって。小躍りとスキップで新宿の街を闊歩する。渋谷、富ヶ谷のクンバショップへ。T、Kん太、KZTくんが3/14のイベントのブッキングをしていて合流する。自分はお香の調合ファイルをひたすらクンクン嗅いでいる。打ち合わせがヒートアップしている。KZTくん「夢のあるダンスフロアを創りたいんですよ!」店員さん「夢のあるダンスフロアなんて今ないでしょ!」KZTくん「だからやってんですよ!(語気荒げ)」カッコイイ!思わず拍手!そう思うマジで!!!dream makerてお香を買い後を去る。渋谷の駅まで歩きながら色々話す。サビくんが長野産の鳥鍋をやるというので都立大にビールを買って帰る。珍しく住人のみでの鍋をやる。サビくんが唐突に最近モンダミンの減りが異常に早いんだけど、使ってるの誰??ヤバい、バレたっ!買ってきや〜す。色々恋愛話する。一人減り、二人減り、パラグライダーをやりに行くサビくんを(6時に)起こすためemuにダメだしを受けながら眠さの我慢大会。白目になりながら彼女を作る方法の手ほどきをうける。彼女は出来ないとの結論に至り寝るーな一日。

本日の支出
  • passport(都庁/新宿)
    16,000円

  • kirin/一番しぼり(豊治郎商店/都立大)
    1,320円

  • insence(kuumba books/富ヶ谷)
    840円

  • 合計:18,160円


2010年2月7日(sun)

どもっ!朝青龍fromモンゴルです。ハワイ行き最高!爆笑しました。やはり横綱たるものの思考回路ってシンプルで大変興味深いですね。今日は会期が延期になったフランス大使館no man\'s land展へ。途中広尾の愛想に敗けて油そばを食す。フランス大使館のカフェに行けばよかったと後悔。オブスキュア住民がみんな行ってるだけあって家とノリが似ている。ドネーションだけで入れるこのボリュームとクオリティには圧巻。日本人が美術館に行く人と行かない人に大差があるのは入場料も大部分を占めるのではないでしょうか?原美術館とか好きなんですが、入場料払えなくて何度も目の前で自問自答しています。それから近くにある「ワタリガラス」へ。行くとヒデくんがビックリして「タイミングいいよ〜、普段いないんだよ!」と言う。屋上菜園の現状を相談すると、今月末に正式オープンするから、スペース使って装飾がてら花屋やんない?家賃いらないからと誘われる。ノーリスクでこの立地でやれるのは面白い。二人で妄想会議する。その後Aちゃんに誘われてたのを思い出し、急いで本郷の東京ワンダーサイトへ。帰国報告会を聞きに行く予定だったのですが、19:00までの予定が17:30に終了したとの事。二人でぶーぶー言うも19:00の10分前に着いてる時点で全然ダメなのですが。しょうがないのでラクーアで擬似デートする。イルミネーションが凄い割に、遊園地に人がいないのが不思議な光景だ。スパに入りたかったのだが、2900yenと高く諦める。スチャダラのボーズと結婚したいと突然言い出す。相変わらず突拍子もない。はぁっ?と聞くと昨日一緒に遊んで面白かったらしい。しかしこの人の芸能人交友録はいつも謎で、なんでそんなとこと接点あるの?て事ばかり。アニは結婚してるけど、あんなオタクで神経質じゃあ結婚できないよ!とダメ出しをしている。よくわかんないので、後楽園ホールの全日本プロレス会場へ。こちらも終了10分前。こういう日なんだなぁ。マイクパフォーマンスが聞こえてくるので、どーしても観たいです!と強引に入り込むとスキンヘッドに追いかけ回されとても怖かった。。。しかしプロレスファン特有の客層が面白い。どこに普段いるんだろう?て人ばかり。子供が一人で来てガさーっとカード広げてサインもらったりしている光景が微笑ましい。
帰って、ガキの使いのくだらなさに愕然として、情熱大陸の上村愛子
がカワイイなーっな一日。

本日の支出
  • ミルクパン(ムーミンカフェ/水道箸)
    90円

  • 油そば(油そば本舗/広尾)
    680円

  • boss/微糖(自販機/天現寺)
    110円

  • no man\'s land入場料(旧フランス大使館)
    115円

  • 合計:995円


2010年2月6日(sat)

また飲んでもた。Tの痙攣で今日は起きるという最悪なスタート。昨日の経済学book出版会議の途中、隙を見せた瞬間に布団を奪われたのだ。お前!ふざけんなよ!と布団の奪い合いが始まる。その後フーフー言いながら31にして不覚にも男と同じ布団で寝てしまった。で、今日は三軒茶屋の家を名義変更すべくな日。カレーうどん食いながら、家を借りてくれているヒライくんを待つ。こやつも一月で仕事を辞め無職な一人。自分のまわりの同い年は無職ばかり。無職クルーで就職活動集団ができるくらい。渋滞で遅くなるというので、シャワーを浴び更に待つ。ブーンとハイエースが到着。それにしても荷物がない。ほとんど捨ててきたとの事。何故か空箱が大量にあるぐらい。1Fという事もあり、バーっと荷物を入れ10分で終了。三茶の管理会社で手続き。時間がかかると思ったがスムーズに終わる。不動産屋に移り、待たされたのでタバコ吸ってる姉ちゃんをナンパし、タバコを一本恵んでもらう。学校を卒業して就職が決まった美容師で池尻に引っ越すという。人生これから!という嬉々とした印象。ガンバルのだよ。と渋いオヤジを演じつつ、ちょっとゴメン!と携帯電話で遮られる。その電話待ちの間のやり場のない視線に戸惑いながら、お待たせしました!と鶴の一声。ヒライくんがお前、何してん!と笑っている。ナンパという想像行為こそ我のライフワーク也。それから部屋に戻って焼き鳥、もらいもんのビールでしみじみと語る。気に入って
いたのだが、一年ちょいしか住まなかったなぁ。ヒライくんが疲れた!と寝てしまったので都立大に帰る。Tと、もろもろミーティング。
引っ越しが終わって呑みたくなり、BBちゃんをどーかね?と呑みに誘う。いろいろ閉まっていて駅前のhawaiiへ向かう。明日ベルリンに帰るカジくん、彼女ゆーなちゃんと合流。ゆーなちゃんの父親が都市計画家と聞き、都市の生態系について議論。棚を頼んでいるKゾウくん、Kなちゃん夫妻が合流し、その後elu、emuが来て気づいたら飲み会になっていた。そうそうとBBちゃんと二人で呑みに行けないような仕組みになっているのだ。気づいたら3時とかになってて、T、elu、emuと梅が丘にカジくんを送りに行く。彼女に振り回された帰国だったと言い残す。帰って、グーグルマップ見ながら2010記念ボルネオ島行きの計画を練る。さっきまでベルリン行き一色だったが、やっぱ暖かいとこでしょう!て。ーな一日。

本日の支出
  • 飲み代(hawaii/都立大)(ワリカン)
    3,000円

  • flan/タバコ(セブンイレブン/中根)
    160円

  • 焼き鳥10本(肉や/三軒茶屋)
    800円

  • カレーうどん(カレーうどん専門/駒沢大学)
    680円

  • 合計:4,640円


2010年2月5日(fri)

ども。今日は実家でひたすら本を読む。屋上菜園の調べものをする。メール投げるーな一日。どーやら昨日のギフトショーで疲れたらしい。体を動かしたくなり、チャリで都立大へ。Tとyoutube対決、本の構想を練るの挙げ句、布団を奪われるーな一日。

本日の支出
  • セブンイレブン(セブンイレブン/京急蒲田)
    389円

  • 合計:389円


2010年2月4日(thu)

ども。今日はビッグサイトでやっているギフトショーに行く予定。チャリで東京湾横断を試みる。その前に昨日もにょもにょしてしまった田町あたりで銀行系の用事を済ませねばと思い立つ。citibank大手町支店へ。15時までならカードも即時発行できるとの事。今日は諦める。また田町へ戻りレインボーブリッジへ。自転車は通行できないとの事で自転車を止め徒歩移動する。横をびゅんびゅん猛スピードでトラックが通る。部屋を貸してくれている王様ことコーキさんの伝説を思い出す。カーブを曲がりきれずに車をぐるんぐるん横転させて荷台に積んでいたニワトリ20羽をショック死させたのだ。「ショック死の場合は肉がゴムみたいに固ぇんだよ」と言っていた。それより横転の方が凄い事だと思うんですけど。ちなみにこの人、通算4回ほど横転しています。横断中にすれ違った人数は中国人風の男一人。会釈をすると戸惑っていたので、明らかな異文化交流だ。何をしにお台場に来たのか詰め寄りたくなるもヤメとく。レインボーブリッジの途中で何を思うんだろうな。意外にこういう人は風景と全く関係ないトンでもない事を考えてたりする訳ですよ。考えてみてもお台場方面から来たって事は、片道だけじゃ気が済まず、往復を試みてる訳ですね。あぁ恐ろしい。もしかすると一日中往復を楽しんでる人なのかもしれない。あぁ。で、ギフトショー会場へ。結構歩いた。新作の花器、鉢等を見て回る。全体の印象が和モダンからシンプルなテイストに移行しているように伺えた。しかしマズいのは仕入れたいものが全くなかった。自分がまず欲しいと思えなきゃ、自信を持って人に提案できる訳ないでしょう。ましてや個人でやろうとしてるなら尚更だ。自分で創るかぁ。何を?プロダクトデザイナーですって初対面の人に言いたいだけやん。セルフレームの眼鏡かけたいだけやん。T橋さんに偶然会い、マーベスタのO口さんにご挨拶。相変わらずホリケンに似ている。いろいろ状況を聞きみんなで帰る。T橋さんら三人に途中まで送ってもらう。またチャリに乗り大森のbook-offに寄ったりして帰宅する。一ヶ月消費生活やってみて気づいたんですけど、ないんです物欲が(倒置法!)食欲もあるし、性欲も睡眠欲もある。趣味がないのかな。でもやりたいと思う趣味も特にない。かなり街をうろちょろしてる方だとは思うんですけど、欲しいものがない。ちょっと前はmacを買い替えたかった。異常なくらい秋葉原に通い詰めた。でもそれも手に入れてしまった。そりゃ働く意欲がなくなる訳だわな。あっ、チャリのカーボンフレームが欲しい。10万〜20万くらい。それも喉から手が出る程ではない。あればいいけど、家も車も現実的な値段を考えるとほしくない。子供も今は欲しくない。犬も飼っているし、猫もいる。ビックカメラに行っても。どうしよう?実際僕らのまわりはそんなんばかり。大体もう何でも手に入っているでしょう?家電量販店で叫ばれる声が虚しく響くばかり。需要と供給のバランスが1:9ぐらいに見えてしまう社会。友達が言ってて、なるほどなと思ったのはとっくにビジネスモデルが崩壊してるのに消費者が付き合わされてるだけでしょう、ていうのが今の状況。あれも欲しい、これも欲しいてモードになりたいなーな一日。

本日の支出
  • 日経Associe(三省堂書店/大鳥居)
    550円

  • 7ビール3缶(セブンイレブン/西糀谷)
    369円

  • ゆりかもめ(海浜公園〜芝浦埠頭)
    240円

  • boss微糖(自販機/大手町)
    100円

  • カード(三井住友銀行/銀座支店)
    12,000円

  • 合計:13,259円


2010年2月3日(wed)

ども。節分ですねぇ。しましたか?豆まき?自分は池上本門寺に小銭を拾いに行きました。都立大〜チャリ移動、目黒の定食やで昼飯を食い元麻布の中国大使館へ。早くも終了している。9時〜12時の営業時間。大使ていいなぁ。12時過ぎは何してるんだろ。真横にある便乗営業の中国旅行社へ。いろいろ話を聞く。それから浜松町のIACEトラベルへ。ネットでみた通り破格。成田〜北京行きユナイテッド航空のエアチケットを速攻で申し込む。国内より安いんじゃなかろか。いろいろ調べてもらい去る。西麻布に行きTとKん太と合流。ベルリン在住カジくんの彼女ゆうなちゃんの写真展を観に行く。パロマの地下へどーやらここは黒川紀章の弟の事務所らしい。安藤忠雄といい建築は兄弟でやることが多いんですね。と、Kん太がはしゃいでいる。おい、観てみろこの写真ヤギがファックしてるぞ!と大笑いし空気を読まない発言。知らない人のフリをする。俺はアートわからねぇんだよ!と逆ギレしてくる。大体僕ら3人はこの空間で浮きまくっている。ゆうなちゃんスイマセン!その後次のパーティーについて六本木路上ミーティング。値段やら集客数やらをごにょごにょ言い合う。が、とにかくやっちまやぁいいんだよ!との結論に終わる。それからKン太が帰りTと田町まで歩く事にする。川崎まで行くというので、それなら渋谷より浜松町か田町まで歩いた方が早いよと。googleマップをみると3kmしかなく30分くらいとの表示。意外に近いんですよ、知らないだけで。mapを頼りに裏道を歩く。と、芝のあたりにぽこぽこと面白いお店を発見する。チャリで小雨が降る中実家へ帰る。富士川から執拗に三茶で呑んでるから来い!と電話がかかってくる。テキトーな返事をして電話を切る。行かんっちゅーねん。あぁ早く上海行きたいなぁーな一日。

本日の支出
  • ニンニクの芽定食(一番館/目黒)
    630円

  • wanda/微糖(自販機/大門)
    100円

  • 航空券(IACEトラベル/浜松町)
    15,700円

  • サーチャージ等(IACEトラベル/浜松町)
    11,200円

  • 合計:27,630円


2010年2月2日(tue)

今日は都立大スタートで実家へ。途中昼ご飯を食べに名店ニイハオへ。時たま無性に羽根つき餃子を食べたくなるのだ。ラーメンも300yenだし。しかし羽根付き餃子てネーミングは秀逸。羽根meets餃子=ウマい!て公式は謎ですもん。実家で中国についていろいろ調べる。祖師谷夫妻から焼酎飲んでるから来なよー!の誘いを受ける。てかまだ火曜、しかも15時45分。これは果たして31才の自分が受ける誘いなのだろうか?ここはスペインか。世の中的には完全NG。結局いろいろやってるうちに22時半に迷うもダイエット名目で行く事にする。てか行くなよ!んな時間に。ひたすら環八爆走。ipodから、ちあきなおみ『4つのお願い』が流れてしんみりする。チャリ版のトラック野郎状態に陥る。着くと遅いよ!
とのご指摘。まぁ8時間くらい経ってますので当然ですが。子供と遊びながら社会のあり方を議論する。自分が思うにコミュニケーション(英語)、生活(経済学)、社会のルールとと正義(法律)パソコン(情報)に関するスキル、知識が足りないと思いまして。それを踏まえた上で自分の得意分野が必要だろうと。その生きてく上で大前提な部分が、なぁなぁでも日本社会は生きられるのですが。て、考えるとこれからの時代は生きてくの大変だなぁて思考が無限ループする訳です。その後3人で都立大にチャリで戻り、途中はぐれるーな一日

本日の支出
  • 7ビール(セブンイレブン/砧)
    680円

  • ラーメン(ニイハオ/蒲田)
    300円

  • 餃子(ニイハオ/蒲田)
    300円

  • 合計:1,280円


2010年2月1日(mon)

ども。2月です。上海万博の事前調査がしたくなり、パスポート取得準備をする。東京は新宿と有楽町で取れるし、アバター観たいので、映画1000yen日と抱き合わせスケジュールを組む。戸籍謄本を貰うため都立大から一番近い大田区出張所の田園調布へ。途中Tに電話した所、面接終わりで近くにいると言うので乗っけてってもらう。面接がいい感じだったらしく話を聞く。と、受け取った戸籍謄本を見ると母親が年齢のサバを読む、父方の祖父(1/4ロシア人)の名前を初めて知る等30年知らなかった衝撃の事実が発覚する。それからKん太と合流したいというので渋谷へ。タワレコ前で待ち合わせ。この男はレコードもちょっとしか持ってないし、飯も喰ったと話が違い、車で来た意味がねぇ!とTと険悪なムードにいきなりなっている。僕はそのまま一路都庁へ向かう。しかし10年ぶりくらいのパスポート申請。調子ぶっこいて5000yen高い10年ものを申請する。よし、20代は前半しか海外行かなかったから、30代は(できれば仕事で)行った事無い国に行きまくるぞ!と気合いを入れる。時間がかかるイメージだったが、あっさり終了。平日だしね。それから新宿ピカデリーへ。ここはアバターは3Dなので2000yenですと言われ、すごすごと引き下がる。渋谷で『かいじゅうたちのいるところ』を観たくなり、I村監督を誘うも仕事が終わらずと断られる。結局2Dのアバターを馬鹿なので最前席で観る。いや面白かった!自分的にもののけと戦国自衛隊な印象で、気持ち悪さとかっこよさがうまく共存してる世界観。どってことないストーリー展開だが映像が凄すぎっす。もう一回川崎のIMAXで観よう。Kろき社長が初出勤なので中目の雑草てbarにアバターの話をしたくなり行く。雪が凄い。都立大に帰る途中の道すがら聞き慣れた声が聞こえる。サビくんが同じ電車だった。とよじろう商店で黒糖焼酎を買い込み、雪見酒をしようと言う。帰ってAビコさん、Tと4人でキャンドル焚いたり、セッティングして雰囲気を出す。
しかしここは暖炉(使えないが)もあるし、庭に積もった雪もあるしで東京とは思えない別荘ぶり。贅沢な時間を過ごしつつ、素敵な風景を見ながらも、何故か話す会話の内容がとてつもなく下品なの。そのギャップがまぁ心地よかったり。解散してしばらくするとemuが結婚式の衣装を借りて帰ってくる。部屋で話すと実は進学校出身だったと自分のイメージが崩れる発言をしてくる。川口の地元ヤンキー話を聞き眠るーな一日。

本日の支出
  • 戸籍謄本(田園調布出張所)
    450円

  • 証明写真(都庁前)
    500円

  • アバター(渋谷シネタワー)
    1,000円

  • お酒(zasso/中目黒)
    1,600円

  • 喜界島/焼酎(豊次郎商店/都立大)
    1,096円

  • ラーメン(しょんべん横町/新宿)
    400円

  • 合計:5,046円


Sample #269

31歳 男性/非常勤スタッフ(廃校施設運営)

1978年5月5日
血液型 :B
身長  :165cm 体重:63kg
居住地 :東京都世田谷区など(大田区出身) 1人暮らし(+実家とシェアハウスも転々と)

給与収入:月約25万円

アルバイト収入

仕送り

親からの小遣い

家賃:月5万円 (区の手当5万円)

自由になる金額:約20万円

ファッション代:約1万円


東京、大田区の工場地帯に生まれる。 青山墓地内にある高校をパチスロにより中退後、松本人志、電気グルーヴの屈折した笑いに夢中になる。 その後横浜の予備校に通い大検を取得。この頃よりクラスメートと呼ばれる奇人達に多数出会い感銘を受ける。 美大受験を志すもデッサン中に女子のスカートを覗く事に忙しくなりほどなく挫折。 ランドスケープデザインに興味を持ち、世田谷にある某農業大学造園学科を受験するも滑