item image

 



公務員試験2次面接中。どきどきする。
住居費
0円
光熱費
0円
 外食費
1,340円
食品費
0円
 交信費
710円
ファッション費
0円
 趣味・遊興費
1,950円
 交通費
650円
雑用品費
0円
交際費
0円
その他
0円
合計:4,650円

2009年11月2日(mon)

会社を休み電車を乗り継ぎ故郷の土を踏む。知らぬ間に再開発が進み街は表情を変える。住み続けるよりまれに来る方が変化に敏感、が俺の持論。駅前のドトールで「マロンラテ」を注文。驚くうまさ。フランチャイズ系喫茶店は安い不味いが当然→貧乏人は泥水すする忍び難きを忍ぶ、との考えを明るく打ち砕く。珈琲は我が家で淹れる方が◎。煎るまでを豆屋に頼み、豆を粉々にし湯をかける手間を掛けるぶん天の理は我にあり。が、事はラテに関し自明の如くドトールへ軍配。緊張が少しほぐれる。タクシーで公共施設に向かい面接に備える。地元でタクシーに乗るとちょっと偉くなった気分。控え室で待つこの胸の高鳴りは恋か愛かセフレか人妻か手汗じんわり→びっしょり。新たなダイエット方法と刮目。ぢつと手を見る。集団討論→個人面接を惨憺たる結末で迎え家路に着く。昼下がりだというのに俺の背中には夕焼けありき。

本日の支出
  • 電車賃(東京→埼玉)
    650円

  • ラテ(埼玉実家付近ドトール)(まんぞく)
    260円

  • タクシー(駅→公共施設)
    710円

  • 合計:1,620円


2009年11月1日(sun)

8時起床。公務員人物試験の下準備をする。飽きると昨日購入した文芸雑誌『文藝』をパラパラとめくる、うちに熟読。当季号は新人賞の発表。藤代泉さんの「ボーダー&レス」がとてもおもしろい。在日朝鮮人の葛藤と主人公(日本人)の友情を描いたもの。好感触すぎて新人賞が発表されている他誌を求め外出、購入。喫茶店をはしごしながら『すばる』と『新潮』を読む。やるべきことに気づき家路に着く、途中で中華料理屋で麻婆麺を食す。帰宅後読書。脇道にそれた休日だった。

本日の支出
  • 『すばる』『新潮』(自宅付近百貨店内書店)
    1,950円

  • ブレンドコーヒー2杯(ドトール)
    400円

  • 麻婆面(中華料理屋)
    680円

  • 合計:3,030円


Sample #263

27歳 男性/会社員(営業)

1982年10月8日
血液型 :B
身長  :175cm 体重:78kg
居住地 :東京都大田区(埼玉県出身) 妻と2人暮らし

給与収入:月約20万円

アルバイト収入

仕送り

親からの小遣い

家賃:月5万円

自由になる金額:約5万円

ファッション代:約1万円


あねひとりをもつすえっこちょうなんとしてたんじょう。 嬰児以来甘やかされて育つ。付属高校を卒業後エレベーター式に文学部に入学。5カ年計画を無事終え、公務員試験をパスし翌年から官庁へ。が、世間知らず、人情知らず、空気知らずが災いする。壁にぶち当たりまくり、憤りまくるが、めっぽう臆病かつ面倒くさがりかつ優等生ぶる性格からストレスを溜めこみ退職。深く考えすぎて生命保険の営業職を選択し七転八倒、現在再度