ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
消費生活
ミクロな視点で個人消費を見てみよう!という日記企画。ほぼ毎日、各自が更新しています。費目別のグラフも注目。

消費生活   2018/05~2018/07

人気企画「消費生活」

Sample
#521
2018/06~
2018/07
29歳 女性 / 会社員(企画営業) 1988年11月4日
血液型:A
身長:148cm
体重:41kg
居住地:岐阜県  家族(夫)と同居
■LIFESTYLEについて
高校まで岐阜で過ごし、京都の大学へ。そのまま京都のメーカーで海外営業事務の仕事に就き、4年間友人とハウスシェアしながら暮らす。
大体一通り仕事こなせるようになったところで、地元に帰ろうと決意。
父の経営する会社に入り、地元産業のために働き3年。
2年前、京都在住の時に知り合った人と結婚。職場の近くの家に住まわせてもらい、ほどほど田舎の生活を楽しんでます。
生活費や一緒に行動する時に使うお金は基本的に夫の給与から。
料理作りは夫がメイン。私は他の家事全般に家計管理。ようやく夫婦のオリジナルスタイルができてきた感じです。
普段は私が自他共に認める節約家(ケチ)なので、休日は家や近所でまったりが多め。
でもたまにお出かけする時はパァーっと使っちゃったり。
仕事の家庭の両立に悩みつつ、夫に支えられつつ、試行錯誤しながら日々なるべく前向きに生きてます!

●習い事:なし
●趣味:寝ること、読書、ゲーム、ゴルフ、映画鑑賞
●半年間での大きな買い物:夫との東京旅行、8万円
●人よりお金をかけているもの・こと:外食
●最近面白かった本・雑誌:『火定』(澤田瞳子)・『BEASTARS』(板垣巴留)
●最近面白かった映画・DVD:『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』、『GODZILLA』
●最近行って面白かったスポット・イベント:VR ZONE、富士屋ホテル
Sample
#520
2018/06~
2018/07
19歳 女性 / 大学2年生(人文社会学系) 1998年6月4日
血液型:O
身長:163cm
体重:-kg
居住地:埼玉県  家族と同居
■LIFESTYLEについて
高校1年生のときに字幕翻訳家、戸田奈津子さんの講演会を聞いて映画愛が覚醒。それ以来なるべく1日1本の映画鑑賞を続けている。好きなジャンルはドラマ。アートと音楽、カメラに凝った作品も好き。好きな監督はウェスアンダーソン、王家衛。映画はもちろん映画館でみる派なので、映画鑑賞代は惜しみない。また、映画館を求めて移動をするので、交通費もそれなりにかかってしまうのが悩みどころ。
大学では「他の人と違うことやりたい!」をモットーに、映画だけではなく、ファッション、漫画、アニメ、建築、アートなど、カルチャー全体について学んでいる。特に「ヤンキー」について研究中(少し中断しているが…)今年の目標は映画を撮ること、ヤンキー研究の論文を書き上げること。

●習い事:なし
●趣味:映画鑑賞(特に名画座の2本立て上映)
●半年間での大きな買い物:ロンドン旅行 約15万円
●人よりお金をかけているもの・こと:映画は映画館で見る派なので、映画鑑賞代。
●最近面白かった本・雑誌:『POPEYE』の no.851 (二十歳のとき、何をしていたか?)
●最近面白かった映画・DVD:『スイス・アーミー・マン』
●最近行って面白かったスポット・イベント:TOKYO BOOK PARK in下北沢 
Sample
#519
2018/05~
2018/06
24歳 男性 / 会社員(コピーライター) 1993年7月21日
血液型:A
身長:176cm
体重:63kg
居住地:埼玉県  シェアハウス
■LIFESTYLEについて
大学時代、暇を持て余したあたしの遊びは読書くらいなものでした。
最初にたまたま手に取った本は、『僕はお金を使わずに生きることにした』。
戦争や環境問題など”諸悪の根源はお金である”と考えた著者が隣人とのシェア(贈与経済)のみで生きることを試みた、半分エッセイみたいな本。
”働かずに生きていきたい”と願ってきたあたしは、いわゆるヒッピーみたいな
そんな自由な生き方に憧れていた。
だからその本は、あたしにとってのバイブルみたいになったのです。
『衣食住』を自分でつくることができたら、働かなくていいんじゃないかと思い立ち、大工さんに在来工法を習ったり、畑に通ったり、自分で服をつくったりした。そして、日本にもエコビレッジやらなんやらと名前をつけてコミュニティーを形成し、半自給生活に勤しむ人たちがいると知って、色々と巡ってみたのです。
しかしながら、その多くは外貨を得る手段に困っていた。口には出さないまでも、生活をつくるというのは大変なことなんだと身に沁みたのです。
一度は東京にでて稼ぐ力を身につけようとコピーライターなんぞをやっております。
てなこったパンナコッタで、本来であれば反消費生活さんにでも寄稿したいところなんですが、あたしは、まだまだ東京で魂を消費しているところです。

●習い事:なし
●趣味:ギター、金継ぎ、裁縫、菌の育成
●半年間での大きな買い物:沖縄への航空券(往復5万円くらい。泳いでいけばよかった。)
●人よりお金をかけているもの・こと:交通費
●最近面白かった本・雑誌:『発酵道—酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方』(寺田啓佐)
●最近面白かった映画・DVD:『エンドレス・ポエトリー』
●最近行って面白かったスポット・イベント:秘宝館
Sample
#518
2018/05~
2018/06
19歳 女性 / 大学2年生(法学部) 1998年11月9日
血液型:A
身長:159.6cm
体重:-kg
居住地:神奈川県  家族と同居
■LIFESTYLEについて
神奈川県藤沢市で生まれ、19年間その地で育つ。中学高校は地元に近い公立校に通い、特に高校では体育祭に力を入れ、その準備を中心に生活が回っていた。高校卒業後、早稲田大学に入学し、その直後ダイビングサークルに入会することで生活が一変。今までお小遣い制でもなく、どちらかというと浪費家だったが、ダイビングに多額のお金が取られるため止むを得ずバイト三昧の日々。家計簿も毎日つけるようになる。バイトのみの生活になることがわかり、それならば社会人になってからの仕事が体験できるインターンを始めたほうが、将来やりたいことを見つけるヒントになるのではないかと思い、インターンも始める。そこで実際にタスク管理の方法、基本的な社内マナーなどを現在学んでいる。
またサークルで行うダイビングは沖縄と小笠原諸島での活動が思い出深い。離島に行くことで都会の喧騒や自分の抱える課題をリセットできるので息抜きにもなる。小笠原には2週間いたが、新たにスケートボードと釣りにも挑戦した。昨年の唯一の後悔は、ファッションにお金をかけられなかったことだ。他の大学生はお小遣いやバイト代で服やメイク道具にお金をかける一方、自分の場合はそういったお金をダイビングにあてざるを得ない。仕方なく、雑誌で見たハイブランドの服をメモし、GUで類似品を探す日々。また今年は吉野家のお世話になることが多く、食にもお金をかけられなかった。そういった背景から、今年度は衣食住の質の向上を一つのテーマに、賢く働き、賢く遊び、賢く生活するということを意識したい。

●習い事:なし
●趣味:スキューバダイビング、韓国ドラマ鑑賞、体を動かすこと、海外旅行、コーヒー
●半年間での大きな買い物:小笠原諸島でのダイビング合宿、20万円 ダイビングで使う重機材、13万円
●人よりお金をかけているもの・こと:ダイビング
●最近面白かった本・雑誌:『Kindai graffiti』(東京グラフィティの近畿大学バージョン)
●最近面白かった映画・DVD:『ゴシップガール』
●最近行って面白かったスポット・イベント:小笠原諸島、タイ・バンコク
Sample
#517
2018/05~
2018/06
23歳 女性 / パート(メイクアップアーティスト) 1995年4月27日
血液型:B
身長:154cm
体重:43kg
居住地:東京都  家族(父、母)と同居
■LIFESTYLEについて
今年3月に服飾系大学を卒業したばかりの社会人一年目。基本的にインドア派で休みの日は家で寝るかメイクの練習か録りためた映画を観る。たまに気が向いたら外に出て写真を撮ったり、友達と食事に行ったり。服は基本的にネットで古着をまとめ買い。国際遠距離のボーイフレンドに会うための資金確保と思うとあんまり高いものは欲しくならないしお金のかかることはしない。服もメイクも遊びも持ってるものプラスちょっとの投資で最大限自分の好きなスタイルを生み出すのが楽しい。あとは気に入ったものをボロッボロになるまで使うのも好き。
仕事場の土地柄ランチ代がかかるので、お弁当作ってどうにか押さえたいけど怠けてしまうのが最近の消費生活上の悩み。

●習い事:なし
●趣味:音楽を聴く、写真を撮る、メイク、たまに服作り
●半年間での大きな買い物:なし
●人よりお金をかけているもの・こと:海外渡航の貯金、DIR EN GREYのライブやCD
●最近面白かった本・雑誌:あまり読まない
●最近面白かった映画・DVD:MONOEYES『Dim The Lights Tour』DVD、『T2』
●最近行って面白かったスポット・イベント:DIR EN GREYのライブ、Raw Tokyo
top